金田喜稔がボスニア・ヘルツェゴビナ戦を斬る!「球際で競り負けるシーンがあまりにも多すぎた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年06月08日

「吉田の対応はすべてが中途半端だった」

終盤の猛攻実らずボスニアに逆転負け……。ブルガリア戦で2ゴールの吉田は、2失点に絡むなど安定感を欠いた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第1戦目のブルガリアとは違い、ボスニア・ヘルツェゴビナはエースのエディン・ジェコ、ミラレム・ピアニッチら欧州主要リーグで活躍する主力数人を欠きながらも、組織力があり、個の能力もある程度高く非常にポテンシャルのあるチームだった。とはいえ、負けたことは看過できない。

【日本1-2ボスニアHG│PHOTO】 迫力満点の吹田スタ! 「技」と「力」、カメラが捉えたインパクトの瞬間
 
 なにより気になったのは守備の出来だ。宇佐美貴史の突破から清武弘嗣が先制点を決めたにもかかわらず、その直後に失点を喰らってしまったのは頂けない。特に、この試合で2失点に絡んでしまった吉田麻也の対応には、誰もが不安を覚えてしまったのではないか。
 
 吉田は、オフサイドトラップを仕掛けつつ、人に付いていくプレーもしていたけれど、正直どちらも中途半端だった。そうではなく、まずはしっかり敵のマークを逃さないことを第一に心掛けるべきだ。
 
 そのうえで、森重真人や長友佑都、酒井高徳と連係しながらセカンドボールへの対応をしっかり留意してプレーしていれば、一本の縦パスからあんなに簡単にやられずに済んだに違いない。
 
 個人的には、オフサイドを取るために必要以上にラインコントロールを気に掛けるべきではないと思うが、そのあたりをどうするのか。今後に向け、守備面での決め事をしっかり整理しておかないと、アジア最終予選でも同じ轍を踏んでしまいかねない。
 
 そうした守備面のパフォーマンスに加え、もうひとつ気掛かりなのは、球際の局面で簡単に競り負けていたシーンがあまりにも多かったこと。
 
 フィジカルについては、ハリルホジッチ監督も試合後会見で苦言を呈していたようだが、局面でのプレーはまだまだ軽い。相手の圧力に屈して簡単にゴール前に侵入を許していた場面を見る限り、ワールドカップでベスト8を狙うのもこのままでは厳しい。
 
 普段から厳しい環境に身を置ける欧州組はまだしも、国内組が逞しく成長できるのか不安になる。もちろん、個々が意識を高めないといけないが、本気で世界との差を縮めたいと思っているのなら、Jリーグの強化を真剣に検討すべきだと改めて感じさせられた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ