【バイエルン番記者】ペップが最後に見せた涙。そしてアンチェロッティ新監督が描く新チームの構想とは?

カテゴリ:連載・コラム

パトリック・シュトラッサー

2016年05月31日

最後の最後で人間らしい一面を。

優勝を決めたDFBカップ決勝後、グアルディオラ監督は涙を流しながら選手と抱擁を交わした。(C)Getty Images

画像を見る

 DFBカップを制し、バイエルンで5つ目のタイトルを獲得したジョゼップ・グアルディオラ。スコアレスのままPK戦に突入したDFBカップ決勝戦、5人目のキッカーとして登場したドグラス・コスタがネットを揺らすと、グアルディオラは涙を流した。ストイックに仕事に取組み、ときに冷徹な印象さえ抱かせたスペイン人指揮官は、最後の最後で人間らしい一面を見せたのだ。

「すべてが終わって、ホッとしたんだろうね。ペップ(グアルディオラの愛称)の花道を飾れて、僕もうれしいよ」

 トーマス・ミュラーはそう言った。ただ、グアルディオラは決して満足していなかったはずだ。バイエルンを指揮したこの3年間、彼は一度も気を抜くことなく全力を尽くしてきたが、最大の目標であるチャンピオンズ・リーグ優勝には手が届かなかった。退任のセレモニーでも、「申し訳なかった」とファンに謝る姿が印象的だった。

 グアルディオラと別れを告げたバイエルンは、EURO2016決勝の翌日の7月11日から新シーズンをスタートさせる。チームを率いるのは、カルロ・アンチェロッティ新監督だ。

 アンチェロッティはグアルディオラ以上の成功を収められるか? 私は収められると思う。バルセロナでの指導歴しかなかった前任者より監督としての経験値ははるかに上で、スター選手の扱いにも長けているからだ。これまでユベントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーと数々のビッグクラブを率いて、行く先々で成功をタイトルを獲得。世界広しといえども、これだけの実績を誇る監督はそうはいないだろう。

 アンチェロッティはかつてユップ・ハインケスがそうしたように、静かで落ち着いたアプローチでチームを導くだろう。戦術に固執したグアルディオラの後任としてはちょうどいいのかもしれない。このイタリア人監督の就任を歓迎しているのは、DFリーダーのジェローム・ボアテングだ。

「アンチェロッティは選手とたくさん話をするらしいね。うまくやっていけそうな気がしているよ。戦術的にも優れているし、なにより経験が豊富だ。彼と会える日を楽しみにしている」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ