【J1採点&寸評】鳥栖×湘南|トンネルを抜け出した湘南が2連勝! 守護神・村山が好セーブ連発

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2016年05月06日

鳥栖――粘り強いディフェンスをゴールに結びつけられず。

【警告】鳥栖=ペク・ソンドン(17分)、谷口(78分) 湘南=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】村山智彦(湘南)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
鳥栖 5.5
湘南のプレスをかわすために、早めに背後を狙うもゴールに結びつかず。後半の失点でまたもやホームで勝てず。
 
湘南 6
交代出場した大槻の値千金弾を、浅いディフェンスラインと村山の好セーブで守り切った。ビッグセーブの村山にMOM。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5.5
キックが風の影響でぶれたのは仕方ない。失点時、セカンドボールから放り込まれたボールに飛び出せなかったのは痛恨。
 
DF
8 藤田優人 5.5
キム・ミヌのシュートや豊田の落としにつなげたクロス以外は精度を欠き、チャンスを作れなかった。
 
5 キム・ミンヒョク 6
ハイボールはもちろん、裏に抜ける相手の動きも確実にケア。大槻との1対1も冷静に対応した。
 
29 谷口博之 6
持ち前のフィジカルを生かして湘南の攻撃を跳ね返し続けた。結果的に失点に絡んだのは不運。
 
23 吉田 豊 5.5
クロスで見せ場は作れなかったが、終了間際のドリブル突破でチャンスを広げ、スタジアムを沸かせた。
 
MF
10 キム・ミヌ 5
決定的なヘディングシュートを外すなど、勝ちたい気持ちが強すぎるのか、空回り気味のプレーが目立った。
 
14 高橋義希 5(79分OUT)
守備に問題はなかったが、湘南のプレスを気にしてか横パスが多く、攻撃のスイッチを入れられなかった。
 
16 チェ・ソングン 6
スライディングなどでボールを奪い守備で貢献。しかし、攻撃で決定的な仕事がなく存在感薄い。
 
9 ペク・ソンドン 6(51分OUT)
前半だけで3本のシュートを放つも。一番可能性のあった27分には判断が遅く、相手の守備にかかった。
 
FW
39 岡田翔平 5.5(79分OUT)
前線から積極的にプレスをかけるなど持ち前の運動量を発揮、69分にビッグチャンスを迎えたが決め切れず。
 
11 豊田陽平 5.5
前半は風下でロングボールの精度が低く孤立気味。後半は2本のシュートを放つも、ゴールには結びつかなかった。
 
交代出場
MF
25 早坂良太 5.5(51分IN)
指示でサイドに張ってプレーするもほぼ孤立。裏に抜ける動きも見せたが、チャンスにはつなげられなかった。
 
MF
6 岡本知剛 -(79分IN)
積極的にボールの配球をしながら運動量も見せたが、効果的なパスは少なく、流れを変えることはできなかった。
 
FW
18 富山貴光 -(79分IN)
87分に豊田の落としからシュートを放つもクロスバーを越える。それ以外に見せ場を作ることはなかった。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 5.5
相手の背後を狙うが機能せず、得意のクロス攻撃も単調。交代策でもその流れを変えることはできずにホームで連敗。
 
【関連記事】
【J1順位表】首位浮上のチャンスをフイにした川崎。次節は5連勝中の柏と激突!
【J1】開幕9戦目で初勝利の湘南が2試合連続の完封勝利! アウェーで鳥栖との走力対決を制す!
【J1】磐田に89分の決勝弾許した鳥栖。指揮官は判定に「審判も世界基準を目指せ」と怒りぶちまける
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」
【浦和】韓国人選手の「許されない行為」で乱闘寸前に。笑顔の守護神・西川周作が大激怒

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ