• トップ
  • ニュース一覧
  • 「パリ五輪メンバー入りは確実ではないのか」と思わせるほどの異彩。遅れてきた天才アタッカーが磐田戦で醸し出した独特の雰囲気

「パリ五輪メンバー入りは確実ではないのか」と思わせるほどの異彩。遅れてきた天才アタッカーが磐田戦で醸し出した独特の雰囲気

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月19日

予想を上回るフェイントで

パリ五輪メンバー入りへの期待が膨らむ荒木。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年6月16日、FC東京と磐田が1-1と引き分けた一戦の後半、ピッチで誰よりも違いを見せつけていたのは荒木遼太郎だった。ボールを持てば独特の雰囲気を醸し出し、予想を上回るフェイントで相手を翻ろうする。

 この日の荒木は56分にディエゴ・オリヴェイラに代わって途中出場。なぜスタメンで使わなかったのか。そう思えるほど、身体はキレていた。ファーストタッチ、ボディバランス、マーカーとの間合いの取り方、その全てが一級品で、まさに異彩を放っていた。

 本人もコンディションの良さは自覚しているようで、試合後のミックスゾーンでは「今日の試合は湿度も高くて最初は大変でしたが、時間の経過とともに合わせることができました。イメージ通りにプレーできて味方との関係も良かった」と話していた。

 「最後のところだけ合わなかった」と本人が言うように、その前までは創造性豊かなプレーで攻撃陣をリード。このコンディションならパリ五輪メンバー入りは確実なのではと、そう思えるほどの存在感を示した。

 持ち上げ過ぎ? いや、そんなことはない。磐田戦を見たFC東京のファン・サポーターなら、彼の存在感の大きさを理解してもらえるのではないだろうか。
 
 攻撃的なタレントで言うと鈴木唯人(ブレンビー)が現実的にパリ五輪招集不可で、“黄金の左足”と評される山田楓喜(東京ヴェルディ)はU-23アジアカップ以降のリーグ戦でパッとしない。その背景を踏まえても、荒木のパリ行きは決定的ではないのか(ここから怪我などのアクシデントがなければという条件で)。

 昨季は鹿島アントラーズで出番に恵まれず、世代別代表からも遠ざかっていた。それが今季のFC東京移籍を経て、リーグ戦でゴールを量産すると、3月、U-23 日本代表のメンバーに2年ぶりに復帰した。遅れてきた天才アタッカーはその後、U-23アジアカップでも持ち前の技巧を見せつけるなど輝きを放っている。

 Jリーグの舞台で主役候補に躍り出ている荒木に五輪のステージでも躍動してもらいたい。メンバー発表が実に楽しみだ。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

パリ五輪代表の中心と期待された中井卓大、4部降格クラブで先発5試合の厳しい現実。順風満帆だったキャリアの分岐点となった“2年前の決断”

三笘薫、伊東純也の復帰待望論は危険な兆候か。パリ五輪世代でバリバリの主力が久保建英だけの現状は寂しすぎる【日本代表/W杯予選】

【PHOTO】You'll Never Walk Alone!最後まで選手を後押ししたFC東京サポーターを特集!(Part1)
【関連記事】
パリ五輪代表の中心と期待された中井卓大、4部降格クラブで先発5試合の厳しい現実。順風満帆だったキャリアの分岐点となった“2年前の決断”
三笘薫、伊東純也の復帰待望論は危険な兆候か。パリ五輪世代でバリバリの主力が久保建英だけの現状は寂しすぎる【日本代表/W杯予選】
「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】
「バチバチ行くけど、憎いほど上手い」内田篤人が絶賛した日本人FWは?「彼はやるよ」
ショッキングな敗戦の翌日に悲報。町田の安井拓也とチャン・ミンギュが筑波大戦でいずれも骨折

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ