• トップ
  • ニュース一覧
  • 黒田監督の言葉でもっとも印象に残っているのは? ボランチコンビ仙頭と柴戸の一致した答が…【町田】

黒田監督の言葉でもっとも印象に残っているのは? ボランチコンビ仙頭と柴戸の一致した答が…【町田】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年06月18日

黒田イズムが詰まったゴールとは?

黒田監督の言葉について話してくれた柴戸(左)と仙頭。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季、FC町田ゼルビアでボランチコンビを組む仙頭啓矢と柴戸海。激しくも組織美がある町田のサッカーにおいて重要な役割を果たす2人が、黒田剛監督から言われた言葉でもっとも印象に残っているのは何か。彼らにそう問うと、仙頭は柴戸に向かって「いっぱいあるよなあ」と笑顔で話した。

 柴戸も「いっぱいあります」と笑顔で返したあと、仙頭は「やっぱり、1本中の1本やろ。一番インパクトあるよね」と答を出すと、柴戸も「そうですね」と同意した。

 「1本中の1本」はなぜインパクトがあるのか。仙頭は次のように説明してくれた。
 
「シュート練習だと何本も打てるから、ひとつのシュートに対してどうしても疎かになってしまう。その中でも一つひとつを大事にする。実際、試合中はそう何度もチャンスはないので、『1本中の1本にこだわれ』というのはしっくりきましたし、それが自然と頭の中に残りましたね」

 5月19日の東京ヴェルディ戦で柴戸が決めたスーパーボレーはまさに「1本中の1本」だったか。本人にそう聞くと、照れくさそうに「そうですね」と回答。黒田イズムが詰まったゴールだったとも言えるだろう。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

三笘薫、伊東純也の復帰待望論は危険な兆候か。パリ五輪世代でバリバリの主力が久保建英だけの現状は寂しすぎる【日本代表/W杯予選】
【関連記事】
三笘薫、伊東純也の復帰待望論は危険な兆候か。パリ五輪世代でバリバリの主力が久保建英だけの現状は寂しすぎる【日本代表/W杯予選】
「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】
ショッキングな敗戦の翌日に悲報。町田の安井拓也とチャン・ミンギュが筑波大戦でいずれも骨折
「バチバチ行くけど、憎いほど上手い」内田篤人が絶賛した日本人FWは?「彼はやるよ」
「町田のサッカーが汚いとか文句を言っている人は恥ずかしい」元Jリーガーが警告「ルールの範囲で時間稼ぎをして何が悪いのか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ