• トップ
  • ニュース一覧
  • 「怪我した今、何もできなくて悔しいです」筑波大戦で骨折の安井拓也が現在の心境を吐露。元Jリーガーも反応【町田】

「怪我した今、何もできなくて悔しいです」筑波大戦で骨折の安井拓也が現在の心境を吐露。元Jリーガーも反応【町田】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストTV編集部

2024年06月13日

診断名は「右脛骨骨幹部骨折」

現在の心境を吐露した安井。写真 ©︎FCMZ

画像を見る

 6月12日の天皇杯2回戦、筑波大と対戦したFC町田ゼルビアのMF安井拓也が負傷交代。試合翌日のクラブリリースによれば、診断名は「右脛骨骨幹部骨折」で全治の見込みは記されていなかった。

 これを受け、安井本人がX(旧ツイッター)に投稿。現在の心境を以下のように吐露している。
 
「自分自身の今の立場、コンディション含めて絶対に結果を出そうと思ってました

怪我した今、何もできなくて悔しいです
余裕があればこうなってないかもしれないと思うと、まだまだ強くなれるなと感じます

大好きなサッカーを1日でも早く出来るように、今出来ることをやります」

 ちなみに、これに対して元Jリーガーで町田でのプレー経験がある鄭大世氏が反応。「脛骨骨折はえぐい!」とコメントしている。早期の復帰を願いたい。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【PHOTO】勝利を願って最後まで声援を送り続けたFC町田ゼルビアサポーター

「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】

「授業を受けている感覚」「120パーセントのプレーが大前提」日本代表GKが明かす“黒田監督の指導力と言語力”【町田】
【関連記事】
「今の町田は批判されるような試合はしていない」GK谷晃生の自負「対戦相手の選手と話しても…」【町田】
ショッキングな敗戦の翌日に悲報。町田の安井拓也とチャン・ミンギュが筑波大戦でいずれも骨折
「授業を受けている感覚」「120パーセントのプレーが大前提」日本代表GKが明かす“黒田監督の指導力と言語力”【町田】
「大迫勇也が3年、柴崎岳が1年の時…」C大阪戦で2-0から追いつかれて黒田剛監督の脳裏に蘇った記憶「ハーフタイムにブチギレても流れは消せなくて」【町田】
「『だって、できなかったよね』『それじゃ出られないよね』」絶妙な言葉のチョイスで言い訳無用の舞台を整える黒田監督のマネジメント力【町田】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ