• トップ
  • ニュース一覧
  • 鹿島の大器、17歳FW徳田誉が待望の公式戦デビュー! 「チームの力になれる選手」とポポヴィッチ監督も期待を寄せる【天皇杯】

鹿島の大器、17歳FW徳田誉が待望の公式戦デビュー! 「チームの力になれる選手」とポポヴィッチ監督も期待を寄せる【天皇杯】

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

2024年06月13日

186センチ・83キロの本格派ストライカー

公式戦初出場となった徳田。限られたプレータイムで見せ場を作った。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯2回戦]鹿島 2-1 奈良/6月12日/県立カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズは6月12日、天皇杯2回戦で奈良クラブとホームで対戦。チャヴリッチと鈴木優磨の得点で2-1の勝利を収め、3回戦に駒を進めた。

 この試合で特大のポテンシャルを見せたのが、82分に投入されて公式戦デビューを飾った鹿島ユース所属のFW徳田誉だ。

 来季の昇格が内定し、今季は2種登録でトップチームに帯同している186センチ・83キロの本格派ストライカーは、交代出場直後に鈴木のスルーパスに抜け出しGKと1対1の場面を作ると、88分にも同様の展開でシュートを放つなど、得点の匂いを感じさせた。

 わずかな出場時間でも存在感を示した。だが「チャンスを決められず悔しい。カシマスタジアムで点を取りたいと強く思っていたので、今後も頑張っていきたい」と17歳は悔しさを滲ませた。
【厳選ショット】鈴木優磨の勝ち越し弾で鹿島が”鹿ダービー”を制す!|天皇杯2回戦 鹿島 2ー1 奈良
 そんな徳田について、鹿島のランコ・ポポヴィッチ監督は「怪我から復帰するのを待っていた」とし、以下のようにコメントした。

「彼は自分の力でこのチャンスを勝ち取りました。非常に期待している選手ですし、彼のプレーはもっともっと良くなっていくと思います。(この試合で起用したのは)日頃から出場機会を得るのにふさわしいプレーをしていたからで、引き続きしっかりとトレーニングすることが重要だというのは変わりません」

 デビュー戦で目に見える結果は残せなかったが、「しっかりとチームの力になる選手」と指揮官も期待を寄せた。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「自分も三笘さんの世代を見て...」貴重な同点弾の内野航太郎がJ1町田撃破を振り返る「筑波の名前を広めることができたのかな」

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

【記事】「お色気ムンムンだ!」1660万超のフォロワー数を誇るスイス女子代表が“ぴったりボディコン”姿でファン瞬殺!「ハリウッド女優だよね?」
【関連記事】
「コイツすげぇ」「化け物みたい」内田篤人が対戦して驚愕した日本人アタッカーは? 本人は「早く海外行きなよって...」
「アイツいい」「シュートも上手」内田篤人が“激推し”した日本人アタッカーは? 元日本代表MFも「スルスルと抜けて行く」
シリア戦先制弾の上田綺世、「僕が一番」と強気な“ライバル”小川航基の発言をどう感じたのか「敵対意識は...」
“182センチの小柄”でも――強さと巧さが光る上田綺世の頭の中「高さは海外でも通用する」「190の相手に対して胸トラップとか」
「自分も三笘さんの世代を見て...」貴重な同点弾の内野航太郎がJ1町田撃破を振り返る「筑波の名前を広めることができたのかな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ