【J1ベストイレブン】ここ一番で見せた武藤&宇佐美の決定力! 首位奪取の浦和、鹿島撃破の柏から各3人を選出|1stステージ・8節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月26日

首位奪取の殊勲弾を挙げた武藤を今節のMVPに。

【1stステージ8節のベストイレブン】川崎、鹿島が敗れ、上位陣に動きが生まれた今節。浦和が首位に立った一方で、王者・広島もP・ウタカの活躍で徐々に順位を上げている。

画像を見る

 J1リーグは4月24日に第1ステージ8節の9試合を行ない、浦和が川崎との一戦を制して首位に浮上。川崎は2位に後退した。また、浦和とともに勝点1差で川崎を追っていた鹿島は、ホームで柏に敗れて3位に順位を落とした。
 
 ここでは、8節の9試合から、サッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【コラム】ある天才少年の今――幼稚園時から名波浩にも似た才気を放ったレフティが、荒波を乗り越えて目指す場所

【選出理由】
 川崎に代わって首位に立つ貴重な決勝弾を放った浦和の武藤雄樹を今節のMVPに選出したい。森脇、李との息の合ったワンタッチプレーから鮮やかなゴールが生まれた。
 
 この武藤とともにFWで選出したのが、横浜を相手に2ゴールを放ち、得点ランクの首位に躍り出た広島のピーター・ウタカだ。アウェーの連戦に苦しんでいたチームを救うゴールで存在感を見せた。
 
 中盤は、一瞬の駆け引きと高いテクニックで決勝点を陥れたG大阪の宇佐美貴史をトップ下に、同じくスキルフルなミドルシュートを決めた名古屋の永井謙佑と、劇的な同点弾を含む2ゴールを決めた神戸の渡邉千真を両ワイドに配置。ボランチには中盤の底で浦和の攻守を巧みに操った阿部勇樹を選出した。
 
 最終ラインは、やはり川崎の強力な攻撃陣を無失点に抑えた浦和の遠藤航とともに、身体を張った守備と決勝ゴールで貢献した磐田の大井健太郎、2位の鹿島を下した柏からは1ゴール・1アシストの伊東純也、右SBでカイオを封じ込んだ鎌田次郎のふたりを選出。遠藤、伊東、鎌田は今節の出場ポジションとは異なるが、適性を考慮して配置した。
 
 さらにGKには、好調の鹿島を無失点に抑えた柏の中村航輔を選出。堅実なセーブと持ち前の高精度のフィードが際立っていた。
 
 
【関連記事】
【広島スタジアム問題】拝啓 “広島人”。なぜ、旧市民球場跡地にスタジアムを造ってはいけないのですか
【浦和】首位攻防の舞台裏、阿部勇樹が明かす『中村憲剛-大久保嘉人』ホットラインをどのように寸断させたのか?
【ランキング】J1リーグ新戦力「稼働率TOP 30」を中間発表!――1位は浦和、磐田、仙台、鳥栖、福岡の5人
【Jリーグ順位表】J1は川崎を破った浦和が首位獲り! J2は町田がクラブ史上初のトップに躍り出る
【高校サッカー】ある双子の物語――マリノスユース戦で2点を決めた弟に、僕は嬉しくも悔しくもある

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ