• トップ
  • ニュース一覧
  • 「PKホームランで昇格の夢が水の泡」内野貴史の失敗に韓国メディアが着目。浅野拓磨と対比「喜怒哀楽は明確に分かれた」

「PKホームランで昇格の夢が水の泡」内野貴史の失敗に韓国メディアが着目。浅野拓磨と対比「喜怒哀楽は明確に分かれた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月28日

「ボーフムが降格の危機に瀕した理由」も分析

内野(左)と浅野(右)。明暗が分かれた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月27日に開催されたブンデスリーガの入れ替えプレーオフ・第2レグで、田中碧、アペルカンプ真大、内野貴史が所属する2部3位のデュッセルドルフと、浅野拓磨を擁する1部16位のボーフムが激突。第1レグはホームで0-3の完敗を喫した後者が驚異的な粘りを見せ、2戦合計3-3でPK戦に持ち込んだ末に、大逆転での残留を果たした。

 歴史に残る劇的展開は、現地ドイツをはじめ各国でビッグニュースとして扱われるなか、韓国メディア『FOOTBALLIST』も反応。PK戦で7番手として登場するも、大きくクロスバーの上に外してしまい、最後のキッカーとなった内野をクローズアップし、「信頼する日本人キッカーの『PKホームラン』で昇格の夢が水の泡」と題した記事を掲載している。

「5年ぶりのブンデスリーガ復帰のチャンスを逃したデュッセルドルフ。昇格失敗の最後のシーンは、信頼する選手のミスだった。両チームとも一度は外し、残りは全て成功させるなか、PK戦は7人目のキッカーまで続いた。ただ、ウチノは失敗し、ボールはクロスバーのはるか上へ。彼はミスキックをした瞬間、その場に倒れ込んだ。

 ボーフムのアサノは残留を確定させた後、チームメイトの背中の上で日の丸を振り、盛大に祝った。2人の日本人選手の喜怒哀楽は明確に分かれた」
【動画】内野貴史のキックは無情にも…勝負が決した最後のPK
 同メディアはまた、「ボーフムが降格の危機に瀕した理由」を分析。最も大きな問題として「得点力の低さ」を挙げた。

「メインストライカーのホフマンは、今シーズンのブンデスリーガでわずか4得点。しかし、残留が懸かったプレーオフでは、複数ゴールを決めてチームを救った。MFながらレギュラーシーズン7ゴールでチーム得点王に輝いた『左足のスペシャリスト』シュテーガーは、最後まで重要な役割を担った」

 意気消沈するデュッセルドルフ、狂喜乱舞するボーフム。試合後の両者の姿は、残酷なまでに対照的だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「前を向いてほしい」PK失敗で昇格を逃して号泣...デュッセルドルフ内野貴史に励ましの声続々「気持ち考えたら辛い」「きっとまたここから強くなる」
 
【関連記事】
「タカシの姿を見ると胸が張り裂ける」大逆転負けで昇格ならず…PK失敗の内野貴史は号泣。デュッセルドルフ指揮官が心境吐露
「すげえー」「浅野持ってるわ」“ボーフム”がトレンド入り!奇跡の残留にファン驚愕「3点差返すのエグすぎ」
「こんな終わり方は不公平」ボーフム指揮官、歴史的残留に歓喜も敬意を忘れず。デュッセルドルフ監督は「0-3の敗戦は当然」
「前を向いてほしい」PK失敗で昇格を逃して号泣...デュッセルドルフ内野貴史に励ましの声続々「気持ち考えたら辛い」「きっとまたここから強くなる」
一体なぜ? 遠藤航がプレミア“期待外れの補強ランキング”でまさかのトップ5入り。海外メディアが選定「衝撃的かもしれないが...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ