• トップ
  • ニュース一覧
  • 「こんな終わり方は不公平」ボーフム指揮官、歴史的残留に歓喜も敬意を忘れず。デュッセルドルフ監督は「0-3の敗戦は当然」

「こんな終わり方は不公平」ボーフム指揮官、歴史的残留に歓喜も敬意を忘れず。デュッセルドルフ監督は「0-3の敗戦は当然」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年05月28日

「虚しさが残っている。これ以上はあまり言いたくない」

PK戦を制し、笑顔で走り出す浅野(右端)らボーフムの選手たち。(C)Getty Images

画像を見る

 歴史的な大逆転に喜びを爆発させた。

 現地時間5月27日に開催されたブンデスリーガの入れ替えプレーオフ・第2レグで、浅野拓磨を擁する1部16位のボーフムは、田中碧、アペルカンプ真大、内野貴史が所属する2部3位のデュッセルドルフと敵地で対戦。第1レグは0-3で完敗していたなか、前半に1ゴール、後半に2ゴールを奪い、3-3に持ち込むと、最後はPK戦を制し、崖っぷちから奇跡の生還を果たした。

 がっくりと肩を落とすデュッセルドルフのメンバーとは対照的に、ボーフム側はお祭り騒ぎだ。58分から出場し、攻撃を活性化した浅野は、日本の国旗を手に、上半身裸で歓喜に酔いしれた。

 ハイコ・ブッチャー監督も大興奮の様子で、デュッセルドルフの公式サイトによれば、「今、適切な言葉を見つけるのは本当に難しい。信じられないような試合だった」と語った。
【動画】痛恨のPK失敗で号泣する内野を指揮官が抱擁
「4日前の初戦後、本当に酷い状態だったのに、どうにか勝ち切った。本当に嬉しいし、逆転を信じていたチームを誇りに思う。(デュッセルドルフを思うと)まだ虚しさが残っているので、これ以上はあまり言いたくない。素晴らしいプレーをした彼らには最大の敬意を払っている。こんな終わり方は不公平だ。スポーツにはそういう瞬間がある。でも、勝利できたことを嬉しく思う」

 勝負の中にも礼儀あり――。ブッチャー監督は決して対戦相手へのリスペクトを忘れなかった。それはデュッセルドルフも同じで、ダニエル・ティウネ監督はこんなスポーツマンシップ精神に溢れる言葉を残している。

「ハイコ、リーグ残留おめでとう。スポーツの観点では0-3の敗戦は当然の結果だ。ボーフムはブンデスリーガでプレーする理由を90分以上に渡って見せた」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「前を向いてほしい」PK失敗で昇格を逃して号泣...デュッセルドルフ内野貴史に励ましの声続々「気持ち考えたら辛い」「きっとまたここから強くなる」
 
【関連記事】
「PKホームランで昇格の夢が水の泡」内野貴史の失敗に韓国メディアが着目。浅野拓磨と対比「喜怒哀楽は明確に分かれた」
「すげえー」「浅野持ってるわ」“ボーフム”がトレンド入り!奇跡の残留にファン驚愕「3点差返すのエグすぎ」
「タカシの姿を見ると胸が張り裂ける」大逆転負けで昇格ならず…PK失敗の内野貴史は号泣。デュッセルドルフ指揮官が心境吐露
「前を向いてほしい」PK失敗で昇格を逃して号泣...デュッセルドルフ内野貴史に励ましの声続々「気持ち考えたら辛い」「きっとまたここから強くなる」
一体なぜ? 遠藤航がプレミア“期待外れの補強ランキング”でまさかのトップ5入り。海外メディアが選定「衝撃的かもしれないが...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ