• トップ
  • ニュース一覧
  • 鳥栖MF河原創の美しすぎるアシスト。川井体制リーグ戦初の連勝に導いたパスはどう生まれたのか

鳥栖MF河原創の美しすぎるアシスト。川井体制リーグ戦初の連勝に導いたパスはどう生まれたのか

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年05月16日

「ヒアンが呼んでくれたお陰」

チームを勝利に導いた河原。絶妙なアシストであった(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第14節]鳥栖 5-2 川崎/5月15日/駅前不動産スタジアム

 前節の13節にアウェーで磐田に3-0と快勝していた鳥栖は、中4日でホームでの川崎戦に臨んだ。

 13分に相手CB高井幸大にCKからヘッドを決められる苦しい立ち上がりになったが、そこからはゴールラッシュ。5-2で、2022年に就任した川井健太監督の下では、リーグ戦初の連勝となり、同監督体制では川崎戦初の勝利ともなった。

 大きな一勝。それをJ1初ゴールを含む2得点を挙げたFW横山歩夢らとともに支えたのは、ボランチの河原創と言えるだろう。

 特に2-1と逆転をした後に迎えた44分のマルセロ・ヒアンへのパスは素晴らしかった。

 ハーフウェーラインを少し越えたあたり、右サイドを向きながらボールを持った河原は、腰を捻りながら中央を走っていたM・ヒアンへ浮き球のボールを送る。相手DFたちの頭上を越す絶妙なパスはM・ヒアンの胸に届き、ゴールへとつながったのである。
【動画】河原のアシスト&試合ハイライト
 何度でも見返したくなるアシストであったが、河原は「正直見えてはなかった」と振り返る。

「それでもヒアンの呼ぶ声が聞こえたので、どこらへんにいるか、だいたいは分かっていたので、感覚的なところですが、ヒアンが決めてくれたので良かったです」
 
 その言葉通り、河原にとっては助っ人FWがいてくれたからこそのゴールだというのだ。だからこそミックスゾーンでこちらが称賛の言葉を並べても、本人はいたって冷静だった。

「うーん、どうなんですかね。自分としてはなかなかああいうプレーはしていなかったですが、なんて言うんですかね、表現は難しいです。でもちょっと相手がサイドの選手に寄ったなという感覚はありましたし、やっぱりあそこでヒアンが呼んでくれたお陰じゃないですかね。背後の抜け出しがヒアンの一番良いところなので、そこは見逃さないようにしています」

 河原は試合終盤には敵陣深いところで、猛烈なプレスをかけ、ボールをカット。FW河田篤秀が決めたチーム5点目も演出している。

 改めて河原の川崎戦でのパフォーマンスはインパクト抜群であった。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

【PHOTO】ゲームを華やかに彩るJクラブ“チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【関連記事】
「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「とても貴重な映像」引退表明のフィギュア宇野昌磨、名古屋戦でのキックインセレモニーに再脚光!
「また観たいかっていうと観たくない」小野伸二、“ファンタジスタが消えた”現代サッカーに本音。中村俊輔の「生きにくくなった」に同調
川崎ゴミスのJリーグ初ゴールの裏にあった感動シーン。涙は本人が否定も心を打った鬼木達監督らとの絆

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ