• トップ
  • ニュース一覧
  • 37歳のフッキがゴールを量産中!「第二の全盛期」を謳歌する一方で、奔放な人間性も変わらず不満をぶちまけて…【現地発】

37歳のフッキがゴールを量産中!「第二の全盛期」を謳歌する一方で、奔放な人間性も変わらず不満をぶちまけて…【現地発】

カテゴリ:ワールド

沢田啓明

2024年05月17日

「このクラブの居心地は最高」

若手逸材のパウリーニョ(左)と前線でコンビを組み、ゴールを量産中のフッキ(右)。 (C)Getty Images

画像を見る

 2008年、まったくの無名だった18歳の時に日本に渡り、川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、東京ヴェルディで規格外のパワーと決定力(そして問題児ぶりも)を発揮。その後、ポルトガルの名門ポルトで世界的なブレイクを果たしてセレソンにも招集され、ロシアと中国のクラブを経て21年初めにブラジルの強豪アトレチコ・ミネイロに入団したフッキが、38歳目前となった現在も驚異的なプレーを続けている。
 
 相変わらず筋骨隆々で、風貌は彼のフットボール・ネームの元となった「超人ハルク」(ハルクのポルトガル語読みがフッキ)そのもの。パワフルなドリブル突破と左足からの豪快なシュートは健在だ。さらに円熟期を迎えて視野が広がり、柔らかいテクニックを駆使して絶妙のスルーパスやクロスを供給して決定機を演出するなどプレーの幅を広げ、「第二の全盛期」を謳歌している。
 
 アトレチコMG入団1年目の21年シーズンはブラジル全国リーグで19ゴールを挙げて50年ぶり3度目の優勝の立役者となり、リーグ得点王にしてMVP。以来、サポーターから英雄視されている。
 
 翌22年シーズンも全国リーグで12得点を挙げ、コパ・リベルタドーレスではベスト8進出に大きく貢献。23年シーズンは全国リーグで15得点・11アシストを記録し、チームは3位に食い込んだ。
【PHOTO】ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーらを一挙紹介!
 そして迎えた24年シーズンは、7ゴールを挙げて得点王に輝いた州リーグやその他のカップ戦も含め、本稿執筆の5月初めの時点で公式戦19試合に出場して7得点・6アシストを記録している。
 
 昨年後半から前線でコンビを組んでいるのが若手FWのパウリーニョだ。この相棒との相性が抜群で、互いに使い、使われる関係を築き、対戦相手を恐怖に陥れている。
 
 一方、私生活では19年、12年間連れ添って3人の子供を授かった夫人と離婚。その直後、夫人が娘のように可愛がっていた姪(夫人より20歳年下)と結婚して物議を醸した。
 
 また、チームが重要な試合で敗れると、悔しさの余りチームメイトへの不満をぶちまけることもしばしば。全盛時と比べてもプレー内容が遜色ない(あるいはむしろ向上している)のと同様、奔放な人間性もあまり変わっていないようだ。
 
 それでも、「このクラブの居心地は最高」だそうで、「コパ・リベルタドーレス優勝に導くのが夢」と意気盛んだ。
 
文●沢田啓明
 
【著者プロフィール】
1986年にブラジル・サンパウロへ移り住み、以後、ブラジルと南米のフットボールを追い続けている。日本のフットボール専門誌、スポーツ紙、一般紙、ウェブサイトなどに寄稿しており、著書に『マラカナンの悲劇』、『情熱のブラジルサッカー』などがある。1955年、山口県出身。 

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「妻は前妻の姪っ子!」超人フッキが第4子懐妊を“熱烈キス写真”とともに報告!「僕は幸せの絶頂にいる」
元ブラジル代表フッキ、神戸からのオファーを拒否した事実を明かす!なぜJリーグに復帰しなかったのか?
「普通に街を歩けて、誰も罵ったりしない」“柏の10番”が日本での驚きを告白!「ここでは起こりえない」と語った母国ブラジルとの違い
「我々のリーグは日本の3部レベルか」上海海港の中国代表FW、J3富山へのレンタル決定報道に母国反響!「香川やフッキがプレーしたJ2ならともかく…」
マドリー入団が確定の神童エンドリッキが今度は恋人と「契約」! 背いた場合は罰則が【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ