【J1】浦和の「KLM」が、今季初の揃い踏み! 100試合連続フル出場を達成した阿部は、決勝点をアシスト

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月16日

強力トリデンテが爆発! 李、興梠、武藤が揃ってゴール。

殊勲の李(20番)、興梠(30番)、武藤(9番)が、サポーターの声援に応える。3人の揃い踏みは今季初だ。写真:田中研治

画像を見る

高い位置でボールを奪った阿部(22番)は、間髪入れずにスルーパスを送り、興梠のゴールを演出した。写真:田中研治

画像を見る

 J1第1ステージ・7節は4月16日、各地で5試合を開催(福岡×名古屋、鳥栖×神戸は地震の影響で試合中止)。埼玉スタジアム2002で行なわれた浦和対仙台は、3-1でホームの浦和が勝利した。

【浦和 3-1 仙台 PHOTO】李!興梠!最後は武藤! 充実の3ゴールで浦和が快勝

 ホームチームは前半に訪れたいくつかのチャンスを逃していたものの、後半にギアを上げて3点を挙げた。まずは、53分。浦和が誇る「KLM」の”L”が先制点を叩き込む。
 
 CKのセカンドボールを拾って左サイドに展開すると、ここに待っていたのは槙野。この日本代表DFが縦に突破してクロスを送り、ニアに飛び込んだ李(LEE)がダイビングヘッドで叩き込んだ。
 
 浦和は、直後の54分に仙台の三田に同点弾を奪われたが、まったく攻撃の手を緩めない。そして74分、阿部のラストパスに反応した”K(興梠)”が、GKをかわして追加点を沈めた。さらに、76分には、梅崎の高精度クロスを”M(武藤)”がドンピシャヘッドで仕上げた。
 
 浦和自慢の「KLM」が、今季初の揃い踏み。先制点の李が「僕たちは勝ちに飢えていて、3点でもまだ足りない」と言えば、古巣からゴールを奪った武藤は「仙台の皆さんに成長した姿を少し見せられた」。興梠はACLを見据えて「次のシドニー戦で(グループリーグ突破を)決めたい」と決意を語った。
 
 また、興梠の決勝点をアシストした阿部は、この試合がJ1・100試合連続フル出場のメモリアルマッチ。自らのラストパスで、記録達成に華を添えた。
【関連記事】
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【広島】帰ってきた“ドクトル・カズ”。百戦錬磨の男が「良いサッカーではなく、勝つサッカーに徹する」と語った真意とは?
【G大阪】敗戦に「金返せ!」の辛辣なヤジ。宇佐美は「勝てない辛さ、歯がゆさ、悔しさをサポーターに与えている」と陳謝
【セルジオ越後の天国と地獄】ハリルジャパンのロシア行きは五分五分。手倉森ジャパンには“リオ”五輪に参加してほしいね
【磐田】松井大輔がいよいよ本領発揮。名波監督も脱帽する34歳の「超一流プロの振舞い」とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ