【今日の誕生日】4月16日/奇跡のプレミア制覇は実現間近!――岡崎慎司(レスター)

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月16日

泥臭いイメージのストライカーの引き出しは、いまだ増加中だ。

新たな伝説が創成されるまで、あとわずか。写真は美弾を決めたニューカッスル戦のものだが、間もなくこれ以上の笑顔が見られることに!? (C) Getty Images

画像を見る

欧州で最も多くの優勝を経験したのは、香川(写真はマンチェスター・U時代)と中村の3回。前者は異なる2リーグでの戴冠である。 (C) Getty Images

画像を見る

◇岡崎慎司:1986年4月16日生まれ 兵庫県宝塚市出身
 
 岡崎慎司が所属するレスターが今、プレミアリーグ優勝に向けて秒読み段階に入った。誰も予想しなかった大番狂わせが、現実のものとなろうとしている。
 
 レスターでは前線で攻守に大貢献を果たしている岡崎は、1年目にして栄光のメンバーに名を連ねることになりそうだ。稲本潤一(アーセナル)、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)に次いでプレミアを制した3人目の日本人選手となるが、貢献度では岡崎が一番だろう。
 
 泥臭くゴールを狙うストライカーというイメージが強い岡崎だが、プレーの引き出しは増加中であり、最近では、その動きの随所にクレバーさが窺える。30代に突入した彼は、日本代表においても替えの利かない存在であり、まさに今が旬のプレーヤーだ。
 
 そんな彼のサッカー選手としてのキャリアは、兄の影響で始まり、強豪・滝川第二高校時代には3年連続で全国選手権に出場し、2度のベスト4入りを果たした。
 
 卒業後は清水エスパルスのオファーを受けて入団。トップチームでの最初の試合は、06年元旦の天皇杯だった(浦和レッズに1-2で敗北)。
 
 90分間、サボることなく走り続け、守備もしっかりこなす彼は、前線でよりもサイドハーフなどで起用されることが多かったが、得点を重ねることでFWとしての地位を確立していき、08年から3シーズン連続で2桁得点を記録した。
 
 代表でのキャリアは08年、北京五輪の最終メンバーに選ばれたことで始まり、同年9月にはA代表にも初選出。09年は1月に代表初ゴールを挙げるとそこから勢いに乗り、全16試合で15ゴールを挙げるという高い得点力を披露した。
 
 そして10年、南アフリカ・ワールドカップの最終メンバーに選出され、全4試合で交代出場。3-1で勝利してグループリーグ突破を決めた3戦目のデンマーク戦では、ダメ押しの3点目を挙げている。なおこの大会でのポジションは、サイドハーフだった。
 
 11年1月、新たな挑戦が始まる。ドイツのシュツットガルトへの移籍だ。クラブの手続きの不手際によって1か月ほどデビューが延びてしまったが、ファーストシーズンは12試合に出場で2得点。11-12シーズンには鮮やかなバイシクルシュートによるゴールを含む7得点を記録した。
 
 翌シーズンはわずか1得点に終わり、FWとしての力に疑問符をつけられることもあった彼は、13年夏にマインツへ移籍。ここではトーマス・トゥヘル監督の下で改めて得点能力を磨き、在籍した2シーズンともに、2桁得点(15点と12点)を達成した。
 
 そして今シーズンよりレスターでプレー。序盤からプレミアリーグ特有の当たりの強さに苦しみ、プレースピードの遅さという課題を露呈したが、いずれも早期に改善して、日に日に存在感を強め、チーム内における重要度を増している。
 
 動き回って守備に奔走するなど、献身的な姿が目立つが、決して裏方的な仕事やチャンスメイクだけではなく、30節のニューカッスル戦ではオーバーヘッドで決勝ゴールを挙げるなど、主役としてスポットライトと称賛を独り占めしている。
 
 クラブ初の栄光の瞬間を目前にして、ラストスパートをかける岡崎。残り試合で、よりバイタリティーに溢れた、勇ましく、頼もしい姿を見せてくれるだろう。
 
 最後に、これまで欧州でリーグ優勝を経験した主な日本人選手(男子のみ)を以下に記した(出場の有無や貢献度の程は問わず)。
 
◇ドイツ
奥寺康彦(ケルン)1977-78
長谷部誠(ヴォルフスブルク)2008-09
香川真司(ドルトムント)2010-11、11-12
◇イタリア
中田英寿(ローマ)2000-01
◇イングランド
稲本潤一(アーセナル)2001-02
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)2012-13
◇スコットランド
中村俊輔(セルティック)2005-06、06-07、07-08
水野晃樹(セルティック)2007-08
◇オーストリア
宮本恒靖(ザルツブルク)2006-07
三都主アレサンドロ(ザルツブルク)2006-07
南野拓実(ザルツブルク)2014-15
◇スイス
中田浩二(バーゼル)2007-08
柿谷曜一朗(バーゼル)2014-15
◇ロシア
本田圭佑(CSKAモスクワ)2012-13
◇オランダ(2部リーグ)
本田圭佑(VVV)2008-09

 このように、多くの日本人選手が各国で歓喜を味わっているが、スペインとフランスはまだなし。現状でこれをクリアするには、バルセロナ、マドリードの2チーム、そしてパリ・サンジェルマンでプレーできる選手が現われないと難しいか……。

偉大な先駆者、奥寺。当時、世界最高リーグといわれたブンデスリーガに参戦して、1年目でケルンの主力としてリーグ優勝に貢献した。ちなみに翌シーズンは、チャンピオンズ・カップ(現リーグ)で準決勝まで進出している。 (C) Getty Images

画像を見る

イタリア・セリエAを制したのはローマ時代の中田。完全なレギュラーではなかったが、首位を争うユベントスとの直接対決で見せた獅子奮迅の活躍ぶりは、ロマニスタのあいだで伝説となっている。優勝の瞬間に立ち会うため、コンフェデレーションズ・カップの決勝戦を欠場したというエピソードも、今なお記憶に新しい。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【フランス代表】喧々諤々を巻き起こした「ベンゼマ騒動」。苦渋の決断を下したデシャン監督の覚悟とは?
【ブンデス現地コラム】急浮上したホッフェンハイム。28歳の青年監督、ナーゲルスマンは何をもたらしたか?
【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の六十六「岡崎慎司の美技が示した“ひらめき・創造性”の正体」
【セルジオ越後の天国と地獄】岡崎の目覚ましい活躍は称賛に値する。彼の評価は今や、本田や香川をも上回るよ
【今日の誕生日】4月15日/日本サッカー界の頂点に立つレジェンド――釜本邦茂&楢崎正剛
【今日の誕生日】4月5日/中盤で威光を放ち続ける「東北のファンタジスタ」――小笠原満男(鹿島)
【今日の誕生日】3月22日/日本サッカー栄光の瞬間の正GK――前川和也(元日本代表)
【今日の誕生日】3月14日/突然の病に倒れた超エリートDF――松田直樹
【今日の誕生日】3月5日/スピードスターの系譜に名を連ねる27歳――永井謙佑(名古屋)
【新企画|今日の誕生日】3月3日/日本を魅了し、リードした2人の世界的名手――ジーコ&ストイコビッチ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ