【J1展望】1stステージ・7節|磐田-横浜|中盤の攻防を制する者がゲームを制す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年04月15日

磐田――勝利のキーワードは「中村封じ」と「攻守の切り替えの速さ」。

故障者/磐田=なし、横浜=中島、三門  
出場停止/磐田=なし、横浜=なし

画像を見る

J1リーグ・1stステージ7節
ジュビロ磐田 – 横浜F・マリノス
4月16日(土)/18:30/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
1stステージ成績(6節終了時):7位 勝点9 2勝3分1敗 9得点・8失点
 
【最新チーム事情】
●U-19代表合宿に参加した小川航が、G大阪との練習試合で2ゴール。
●ジェイが新潟戦で左足を負傷。14日現在でグラウンドでの練習は回避しており、スタメンは厳しいか。
●アダイウトンが自ら志願して紅白戦1本目で右サイドハーフとしてプレー。練習後に監督のアドバイスを熱心に受ける場面も。
●横浜戦に向け、セットプレーの守備練習を入念に行なった。
 
 ホームでのリーグ戦初勝利の鍵は、中村を抑えられるか、だ。「初めて対戦した時は“とんでもない選手”だと思いました。なんでもできるし、ボディコンタクトも強い。マリノスはボールをまず彼に預ける」と宮崎が言えば、「絶対に自由にさせてはいけない選手。90分間チームとしてしっかりケアしたい」と上田も続く。名波監督も「ゲームを作り、自ら(得点も)決めるという仕事をしている。まずはあそこを潰さないといけない」とベテランレフティを最も警戒している。
 
 だが、そこにばかりに気を取られてもいけない。特に突破力のある相手の両サイドには要注意だ。攻撃の起点を潰すことと、前線に展開された後の対応――。選手たちはこのふたつを意識している。また今週、チームはセットプレーの守備練習を入念に行なった。

 攻守の切り替えの速さは、J1チームと差があると指揮官が感じている部分のひとつだ。徐々に上がってはいるが、上位チームとの差はまだある。勝機を見出せるかは、その点にもかかっている。
【関連記事】
【J1採点&寸評】新潟×磐田|後半に違いを見せたジェイを「7」に。逆転PK獲得の松井も高評価
【J1採点&寸評】横浜×浦和|枠内シュートわずか1本、横浜の攻撃面がまったく奮わず。浦和はGK飯倉の再三のビッグセーブに阻まれる
【磐田】名波監督も絶賛。今季リーグ戦初出場の松井大輔が示した“新たな一手”への可能性
【磐田】劇的同点弾の櫻内が語る“理想”と“現実”。アクションサッカー体現の鍵は「前から取りに行くスイッチを入れるタイミング」
【横浜】週末の鳥栖戦でデビューなるか!? 名門フラメンゴからの新助っ人カイケの「フィニッシュ」に期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ