• トップ
  • ニュース一覧
  • “元祖”ロナウドがオーナーを務めるクルゼイロを約113億円で売却「次はバジャドリーになる」

“元祖”ロナウドがオーナーを務めるクルゼイロを約113億円で売却「次はバジャドリーになる」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2024年05月01日

古巣クルゼイロに続いてバジャドリーも売却か?

現役時代は「フェノーメノ」と呼ばれるストライカーだったロナウド。(C)Getty Images

画像を見る

 元ブラジル代表のロナウドが、自身がオーナーを務めるクルゼイロの所有権を手放した。

 現地時間4月29日、ブラジル1部のクルゼイロは、ロナウドが21年に取得した90パーセントのクラブ株式を、68歳の実業家ペドロ・ロレンソが保有する会社『BPW Sports』に7300万ユーロ(約113億1500万円)で売却したことを発表した。

 ただロナウドはオーナーではなくなるものの、理事会メンバーとしてクラブとの関りは続いていくようだ。
【PHOTO】来季レアル・マドリー加入の逸材、17歳エンドリッキがブラジル代表デビュー戦初ゴールから2戦連発弾!

 21年12月に自身がプロデビューを飾ったクルゼイロをおよそ4億レアル(約120億円)で買収してオーナーに就任。2部に低迷していたクラブを2022年シーズンにカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル全国選手権1部)復帰へと導いていた。

 しかし、そのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで昨シーズンは20チーム中14位、今シーズンも4節を終えて7位と思ったほど成績は上向かず、13年と14年に国内リーグを連覇したようなかつての名門の姿を見せられていなかった。そのため、一部のファンからロナウドの退任を求める声も上がっていたようだ。

 ロナウドは株式売却の記者会見で、こう話している。

「私たちは多くの困難に直面してきたが、その大半は乗り越えてきた。途中でつまずいたこともあったが、クラブの状況が非常に不安定であったことを考えると、今日は自分の義務を果たしたという気持ちでクルゼイロを引き渡すことができる」

 さらに今後について質問されると、次のように答えた。

「次はバジャドリーだ。その後はしばらく休みを取るつもりだ」

 現在もオーナーを務めるスペイン2部のバジャドリーも、クルゼイロと同様に手放す意向を示した。「フェノーメノ(怪物)」と呼ばれた男の動向に注目が集まっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【記事】ロナウドはなぜ「フェノーメノ」だったのか? 現代でも通用するか?
 

【関連記事】
「完全にマリノスに裏切られたと…」城彰二が失意のバジャドリー退団の真相を告白!「ふざけんなって感じだった」
久保建英、“マドリー寄り”への不満発言で古巣復帰は完全消滅か。「ぺレス会長が憤慨」と現地報道!「彼の夢は決して叶わない」
「ロナウドによるロナウド外しだ」元祖・怪物が厳選した“歴代ベスト11"が大きな話題に!
「エンドウを売却する意味が分からない」遠藤航、まさかの“退団可能性”報道にリバプール専門サイトが異論!「維持するほうがはるかに合理的だ」
なぜブラジル代表ガビゴルは2年間の出場停止となったのか。異常事態の舞台裏を母国記者明かす。「勝手に容器を持ち去って尿を採取し...」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ