• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜブラジル代表ガビゴルは2年間の出場停止となったのか。異常事態の舞台裏を母国記者明かす。「勝手に容器を持ち去って尿を採取し...」【現地発】

なぜブラジル代表ガビゴルは2年間の出場停止となったのか。異常事態の舞台裏を母国記者明かす。「勝手に容器を持ち去って尿を採取し...」【現地発】

カテゴリ:ワールド

リカルド・セティオン

2024年04月09日

蓋が空いたままの状態で提出

2年間の出場停止処分を受けたガビゴル。 (C)Getty Images

画像を見る

 フラメンゴは南米で最も裕福なチームの1つだ。そのためブラジル代表だけでなく、他国のスター選手もそろっている。ウルグアイのスターで、2023年のブカンピオナート・ブラジル最優秀選手に選ばれたジョルジアン・デ・アラスカエスタのようなトップクラスの選手も年俸も支払える。チーム人気も高く、ここ3年間はどんな大会でもチケットはほぼ完売だ。

 そんなフラメンゴに激震が走った。チームの中心選手であるガビゴルことガブリエウ・バルボサに2年間の出場停止処分が下ったのだ。

 事件は1年前の2023年4月8日、フラメンゴの練習場であるニーニョ・ド・ウルブで起こった。ブラジルの反ドーピング取締局(ABCD)は、事前に通告することなく、抜き打ちでドーピング検査を行うことがある。抜き打ち検査は通常、チームの練習場で行われ、この日はフラメンゴにこの検査が入った。
【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
 ガビゴルを除くフラメンゴの全選手は、午前10時のトレーニング前に検査を受けた。しかしガビゴルだけは係官の呼びかけを無視してピッチに直行、練習後は昼食に行き、戻ってくるとやっと検査に応じた。だが、その時も自分で勝手に容器を持ち去って尿を採取し、係官にそれが本当にガビゴル本人のものであるか確認させるのを拒んだ。

 おまけに容器は密封して提出しなければいけないというのを、蓋が空いたままの状態で提出した。ドーピング検査の結果は陰性であったが、ガビゴルのこの一連の不可解な行動は、ブラジル・アンチ・ドーピング規程法第122条の「管理プロセスにおける不正行為または不正行為の企て」に抵触した。ABCDはガビゴルが検査の実施を故意に遅らせ、係官の指示に従わなかったことで申し立てを行った。これが23年の4月30日のことである。

 この件についての裁判は今年3月の半ばから始まり、同25日にはガビゴルに2年間の出場停止処分が言い渡された。ちなみに事件が起こったのは2023年4月8日だったため、出場停止は2025年の4月8日まで。この間1年プレーしてきたかどうかは、どうやら関係ないらしい。
 
【関連記事】
「金持ちは何をしても許されるのか」性的暴行で有罪のD・アウベス、1.6億円で保釈に批判。ロビーニョの電撃逮捕はその影響か【現地発】
ロビーニョ、D・アウベス...後を絶たないブラジル人の性的暴行事件。有名選手でも世の中が許さない風潮を自覚すべき【現地発】
「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」
「お前らみたいなサッカー後進国に何ができるんだ」本田圭佑、オランダ時代の“差別被害”を告白。「日本から車のメーカーの奴が来て...」
「小学生の質問? 彼、プロですよね」内田篤人がU-23日本代表FWの“発言”をバッサリ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ