• トップ
  • ニュース一覧
  • 「1失点はある意味仕方ないのでは?」と訊かれて即座に否定した大迫敬介。強いこだわりを生んだ“高校時代の苦い経験”【広島】

「1失点はある意味仕方ないのでは?」と訊かれて即座に否定した大迫敬介。強いこだわりを生んだ“高校時代の苦い経験”【広島】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月18日

チームが突き抜けるために何が必要か?

無失点試合にこだわる大迫。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 今季のサンフレッチェ広島はJ1リーグの8試合を終えて4勝4分の2位で、総得点はリーグ最多タイの「13」、総失点がリーグ最少の「4」とここまで好成績を残している。

 今季の広島はアグレッシブなサッカーをしており、J1で突き抜ける存在になれそうな期待感がある。そこで、守護神の大迫敬介に訊いてみた。「ここから突き抜けるために何が必要ですか?」と。すると、実にシンプルな答が返ってきた。

「自分的には失点をなくすことだと思います」

 そして、こう続けた。

「今季ここまで無失点試合はそこまで多くないので。チームとして点は取れているので、あとは僕たちがどれだけ踏ん張れるか。1-0で勝つ試合を増やせれば、もっと勝点は伸びます」
 
 無失点に抑えられれば理想だ。ただ、サッカーにおいて不運な形で1失点しまうケースは多々ある。なので「1失点はある意味仕方ないのでは?」と返してみる。すると、大迫は即座に「いやいや」と否定した。

「自分はとにかくゼロにこだわっています。今季は例年よりもリーグ戦の試合数が多くて、得失点差で勝負がつく可能性もあります。高校の時は得失点差1でプレミアリーグWEST制覇を逃がしていますから、無失点にこだわりたいです」

 高校時代の苦い経験が、その強いこだわりを生む一因になっているのだろう。ここまでのリーグ最少失点にも「いえいえ」とまるで満足する様子がなかった大迫。鉄壁の守備で、いずれ広島を突き抜けた存在にしてほしい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】試合前日に全体練習なし? 広島の塩谷がサッカー人生で「初めて」という異例の調整方法「僕らの常識とは違うことをやる」

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!

【記事】「忘れるわけにはいかないけど...」仲間に救われた西尾隆矢、痛恨の“一発レッド”から一夜明け、何を語ったか「本当に謝罪しかない」【U-23アジア杯】
【関連記事】
試合前日に全体練習なし? 広島の塩谷がサッカー人生で「初めて」という異例の調整方法「僕らの常識とは違うことをやる」
「前回は本当に厳しかった」広島のスキッベ監督はなぜ札幌戦前日に全体練習をしない決断をしたのか
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「ヒデは怪物だった」“ローマの英雄”トッティが元同僚の中田英寿を回想!「ずば抜けた選手でありながら、ピッチ外でも...」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ