• トップ
  • ニュース一覧
  • 「不運なオウンゴールとなったが…」マンC戦で痛恨OGも、橋岡大樹を地元メディアは高評価「多くのシュートシーンで立ちはだかった」

「不運なオウンゴールとなったが…」マンC戦で痛恨OGも、橋岡大樹を地元メディアは高評価「多くのシュートシーンで立ちはだかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月16日

1-5で大敗

マンC戦にフル出場を果たした橋岡。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表DF橋岡大樹が所属するルートンは現地時間4月13日、プレミアリーグ第33節でマンチェスター・シティと敵地で対戦した。

 橋岡は3戦連続で先発出場。3バックの右に入ると2分、アーリング・ハーランドの強烈なボレーが顔面を直撃。これがそのままゴールに吸い込まれてしまい、前々節のアーセナル戦(0-2)に続いて、オウンゴールを記録してしまった。

 その後、橋岡は身体を張った守備で奮闘。しかし、チームは後半に4失点を喫して1-5で大敗した。
【動画】ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→橋岡がまさかのオウンゴール
 ルートンの地元メディア『Luton Today』は、この一戦に出場した選手たちを採点。フル出場の橋岡には「7点」を与えて、こう評している。

「ハーランドのボレーシュートが顔に当たりゴールに入った時はまったく何もできず、アーセナル戦に続いて、不運なオウンゴールとなった。

 しかしその後は落ち着きを取り戻し、昨季3冠を達成した王者相手に劣らず、不慣れなポジションで役割を全う。シティに長時間ゴールを割らせず、非常に満足できるパフォーマンスを見せた。多くのシュートシーンで立ちはだかり、4度のブロックを記録。最後まで走り続けた」

 ルートンは現在、降格圏の18位に沈んでいる。橋岡は残り5試合で残留に貢献できるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「不運すぎて可哀想」橋岡大樹、ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→まさかの“また”OGにファン同情!「マジで不憫」「お祓い行った方が良いレベル」
 
【関連記事】
「不運すぎて可哀想」橋岡大樹、ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→まさかの“また”OGにファン同情!「マジで不憫」「お祓い行った方が良いレベル」
「ハシは戦い抜いた」顔面直撃→OGもマンC相手に奮闘! ルートン指揮官が橋岡大樹に賛辞!“65秒でKO寸前”の際に思ったことは?
初日からレッド3枚! U-23アジア杯、波乱の幕開けにネット反響「思いっきり足踏んでレッド。荒すぎ」「AT11分とか...」
連敗リバプールのクロップ監督、前半で交代させた遠藤航に言及「ワタルとマッカはここ数週間で...」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ