• トップ
  • ニュース一覧
  • 「不運すぎて可哀想」橋岡大樹、ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→まさかの“また”OGにファン同情!「マジで不憫」「お祓い行った方が良いレベル」

「不運すぎて可哀想」橋岡大樹、ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→まさかの“また”OGにファン同情!「マジで不憫」「お祓い行った方が良いレベル」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月14日

「ハーランドのシュートを顔面直撃は痛そうすぎる」

開始2分でオウンゴールを献上してしまった橋岡。(C)Getty Images

画像を見る

 橋岡大樹が所属するルートンは、4月13日に開催されたプレミアリーグの第33節で、マンチェスター・シティと敵地で対戦。1-5で完敗を喫した。

 この試合で、不運にも大量失点のきっかけを作ってしまったのが、3バックの右で先発した橋岡だった。

 開始2分、敵の主砲アーリング・ハーランドの強烈なシュートが顔面に直撃。方向が変わったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールとなった。
【動画】ハーランドの強烈シュートが顔面直撃→橋岡がまさかのオウンゴール
 日本代表DFは、前々節のアーセナルに続いて、ここ3試合で2つ目のオウンゴール。ファンからは次のような同情の声があがっている。

「これはまじ不運すぎて...」
「マジで不憫でならない」
「不運すぎて可哀想」
「まじで運がわるい」
「ツイてねーなぁ。何かお祓い行った方が良いレベルでOG関係してる」
「気の毒すぎる」
「ハーランドのシュートを顔面直撃は痛そうすぎる」

 顔面にヒットし、しばらく起き上がれなかった橋岡。文字通り踏んだり蹴ったりだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
【関連記事】
「ハシは戦い抜いた」顔面直撃→OGもマンC相手に奮闘! ルートン指揮官が橋岡大樹に賛辞!“65秒でKO寸前”の際に思ったことは?
橋岡大樹、3試合で2つ目のOG…マンC戦の現地評価は? 誘発したハーランドには「ハシオカの顔面を叩く前に決めるべき」と指摘
リバプール新監督に“守田の恩師”が就任なら遠藤航は控えに降格か。地元メディアがまさかの見解「トップクラスの守備的MFではないかもしれない」
「悲惨。変更が必要」EL惨敗のリバプール、遠藤航が次戦で“ベンチ外”と専門メディアが驚きの予測。いったいなぜ?
「プレミアに行くことになる」旗手怜央のステップアップ移籍に元PL得点王が見解!「それほど良い選手だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ