【J2】C大阪が白熱の攻防を制す! 清水撃破で首位キープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月09日

リカルド・サントスが移籍後初ゴール!

決勝点を奪ったR・サントス。ようやく期待の新外国籍FWに一発が飛び出した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグ・7節の注目カード、清水対C大阪は4月9日、IAIスタジアム日本平で18時30分にキックオフされた。

 2連勝で前節終了時に6位まで順位を上げていたホームの清水に対し、前節首位奪回を果たしたC大阪の一戦は、1点を争う白熱の攻防となった。

 前半からともにチャンスを掴むものの、互いに守備陣が身体を張った守備で健闘。清水は大前、ミッチェル・デュークがゴールを狙うも得点には至らず。C大阪も柿谷がボレーを放つ場面もあったがゴールを捉え切れない。勝負は後半に持ち込まれた。

 後半に入ると、時間の経過とともにオープンな展開となり、カウンターの応酬に。攻守が激しく入れ替わる目まぐるしい攻防が繰り広げられた。

 そして試合が動いたのは69分。C大阪は中盤でボールを奪うと、山村がいち早く前線のリカルド・サントスにパスを送る。振り向いたR・サントスは左足を一閃。強烈なシュートが清水ゴールに突き刺さった。C大阪がこの試合3本目のシュートで先制に成功する。R・サントスは、移籍後初ゴールとなった。

 さらに82分、ペナルティエリア右付近でこぼれ球を拾った山村が、右足で逆サイドのゴールネットに突き刺すミドルを決める。C大阪が2-0とリードした。

 C大阪は、その後も堅実な守備で清水の反撃をいなし、2-0で勝利。勝点を19として、前節奪い返した首位の座をがっちりとキープした。2位には町田が勝点16で続いている。
 

 

 
 

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ