【J2】千葉が富澤の移籍後初ゴールで暫定4位に浮上!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月09日

開幕戦以来のスタメン出場だった富澤が狙い澄ましたファインゴール!

自らのゴールでの勝利にも富澤は「しっかりと自分たちの足もとを見て戦っていきたい」と気を引き締めた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2リーグは4月9日に7節の10試合を開催。フクダ電子アリーナでは、千葉対金沢の一戦が16時キックオフで行なわれた。

 試合は序盤からホームの千葉が主導権を握る。ポゼッションで上回り、井出、船山らが金沢の守備網を幾度となく破り、ゴール前に迫った。

 しかし、千葉は決定的なチャンスを作り出すものの決め切れない。14分には船山が抜け出しGKと1対1を迎えるもシュートはクロスバーを直撃。19分にも井出のクロスを船山が合わせるも、これも惜しくも枠を捉え切れなかった。

 チャンスを逸し続けた千葉だったが、前半のアディショナルタイムに待望の先制点が生まれる。長澤がゴール前で粘り、後方で待ち構えていた富澤にパスを送ると、これを富澤がダイレクトで金沢ゴールに叩き込んだ。開幕戦以来のスタメン出場となった富澤の移籍後初ゴールで、千葉が1点をリードして前半を折り返した。

 後半に入ると、同点を狙いやや前掛かりになってきた金沢の背後を、千葉がカウンターで強襲する場面が増えていく。やはり前半と同様に船山と井出の鋭い飛び出しからチャンスを掴み、決定機を量産する。

 だが、シュートは悉く金沢GKの原田欽に阻まれてしまう。千葉にとってはチャンスメイクこそできていたものの、フィニッシュに課題が残る内容となった。

 それでも、千葉はCB近藤、守護神の佐藤優を軸に安定した守りでゴールを許さず、1-0の僅差ながら手堅く勝点3を手にした。これで千葉は勝点を13に伸ばし、試合終了時で暫定4位に浮上している。


 
【関連記事】
【J2】町田が山形を破り5連勝、暫定首位に! 熊本は山口に敗れ一歩後退
【J2】2・3月度MVPに躍進・熊本を支えた清武功暉を選出! クラブ史上初の首位獲りに貢献
【J2採点&寸評】6節・全11カードを現地取材記者が採点|町田と岐阜が4連勝!千葉を下したC大阪が首位に返り咲き
【レスター】このまま逃げ切り、100年に一度の奇跡を起こせるか?ラスト6試合の対戦相手をチェック!
【今日の誕生日】4月9日/プレミアリーグ史に名を残すゴールの“神”――ファウラー(元イングランド代表)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ