• トップ
  • ニュース一覧
  • 「いつものように中盤を整理整頓」遠藤航、マンU戦でリバプール“最高評価”!「出だしは少し遅かったが、すぐに改善」

「いつものように中盤を整理整頓」遠藤航、マンU戦でリバプール“最高評価”!「出だしは少し遅かったが、すぐに改善」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月08日

「途中交代を余儀なくされた」

ユナイテッド戦で69分までプレーした遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 現地4月7日に開催されたプレミアリーグの第32節で、遠藤航が所属するリバプールが、マンチェスター・ユナイテッドと敵地オールド・トラフォードで対戦。2-2のドローに終わった。

 22分にCKからルイス・ディアスのゴ―ルで先制したリバプールは、その後もユナイテッドを圧倒。しかし、追加点を奪えなかったのが響き、後半に逆転を許す。84分にモハメド・サラーのPKで追い付いたものの、そこまでだった。

 軽い打撲の影響で3日前のシェフィールド・ユナイテッド戦(3-1)を欠場した遠藤は、2試合ぶりに復帰。スタメンで4-3-3のアンカーに入る。

 いつも通り、気の利いた守備と攻撃の起点となるパスを披露し、悪いパフォーマンスではなかったものの、目の前でコビー・メイノーに一時は逆転となるゴールを決められた直後の69分に交代となった。
【動画】遠藤航がユナイテッド戦で圧巻のボール奪取を連発
 その日本代表MFについて、現地メディアは一定の評価をしている。英紙『The Telegraph』は6点をつけ、次のように称えた。

「混乱が起こるまで、いつものようにマカリステルと並んで中盤を整理整頓した。リバプールがコントロールを失ったため、途中交代を余儀なくされた」

 リバプールの専門サイト『Liverpool.com』は、チーム最高タイの7点で、こう寸評を添えている。

「出だしは少し遅かったが、リバプールと同様に、すぐに戦えるように改善された。日本人はレッズの中盤の基幹として、どっしりと固定されている間、前線の選手たちが闊歩できるようにした」

 中盤をうまくコントロールしていたという見解だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウは究極の保護シールド」遠藤航はマンUのブラジル代表MFより上!英紙が比較して賛辞「カゼミーロのベストでも彼より...」
 
【関連記事】
「何やってんだよ、ひどい」「本当に恐ろしい」遠藤航も茫然...リバプールDFの痛恨ミス→マンUの40M弾にファン愕然!「信じられない」
「エンドウは究極の保護シールド」遠藤航はマンUのブラジル代表MFより上!英紙が比較して賛辞「カゼミーロのベストでも彼より...」
「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」
「トップクラスだ!」遠藤航のおかげでマカリステルが躍動!“元リバプールの10番”が賛辞「エンドウが隣にいることで...」
「サラーと同じくらい重要」遠藤航ではなくカイセド獲得なら優勝争いはしていなかった! 現地メディアが主張「エンドウは10代と20代にポテンシャルがあるというのが嘘だと証明」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ