• トップ
  • ニュース一覧
  • チョン・ソンリョンが黒いテーピングをつけている理由。リーグ3連敗の裏にあった川崎守護神の覚悟

チョン・ソンリョンが黒いテーピングをつけている理由。リーグ3連敗の裏にあった川崎守護神の覚悟

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年04月07日

準備の重要性を証明

2試合連続でクリーンシートも達成しているチョン・ソンリョン。冷静にチームを支えている。写真:滝川敏之

画像を見る

 リーグ戦まさかの3連敗を喫した川崎は、2週間の準備期間を挟み、FC東京戦(○3-0/ホーム)、横浜戦(△0-0)と徐々に復調の気配を漂わせている。

 4-3-3から4-2-3-1への布陣変更で攻守のバランスを調整し、かさんでいた失点も抑えることができている。

 そのなかで、後半に退場者を出した横浜戦も、ジェジエウ、高井幸大のCBコンビとともに、守備を引き締めたのがGKチョン・ソンリョンだ。

 39歳の守護神は、雨が降りしきる横浜戦、バーなどに救われた部分もあったが、相手のシュートを的確にセーブ。安定感の高さを改めて示してみせた。

 2016年に川崎に加入したチョン・ソンリョンはクラブと苦楽をともししてきたが、今季の3連敗は忸怩たる想いがあったようだ。その危機感を様々な行動へと変えたという。そのひとつが手首に巻くようになった黒いテーピングだ。

「前の試合(FC東京戦)もそうですが、個人的に死ぬ思いで、覚悟で、手首に黒いテーピングを巻き、強い気持ちで臨んでいます。毎試合そういう気持ちで準備しています」

 黒とはどこか不吉なイメージが付くが、「危ない時、窮地に立たされた時に力が出る」との想いで、ここからチームと這い上がっていく決意が込められているのだという。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
 さらにチームが勝てない流れを少しでも止めようと、自らの行動にも変化を加えてきた。

「4連敗、5連敗としないように、チームとして切り替えたかった。そのためにも自分は試合前日に食べるものを変えたりだとか、意識を変え、ひとつひとつ準備をしてきました。

 また夜の試合だったら、(日中に)クラブハウスまで行ってランニングしたり、身体を動かしていましたが、家の近くでジムを借りて、そこでもっと身体を動かせるように準備の仕方も変えました。そういう気持ちで運をつなげていきたいと言いますか、運をチームに落としていきたいです」

 準備。それはチョン・ソンリョンの姿を見て味方誰もが感化される部分である。

「準備は僕が好きな言葉。良い準備をグラウンドにつなげる。言葉よりも、グラウンドで見せつける。選手というものはそういうものだと思っています。

 昔に韓国にいる時も、韓国の監督にも言われました。言葉よりもプレーで示せと」

 かつて、鬼木監督は頼れる守護神をこう評していた。

「チャレンジし続けたら何歳でも伸びるんだなと。その姿をいろんな選手に見てもらいたい。変化を恐れない者こそ伸びる」

 そして横浜戦の後には指揮官はベテラン陣の奮闘ぶりも語っていた。

「上の選手が最後、いろんな形で示していく。身体を張るところだったり、キーパーを含めて、球際のところと、あとはやられたくない気持ちが表われてくると思うんです。

(チョン・ソンリョンは)難しいボールをしっかり弾いたりだとか、前節でも1対1を止めたり、フィールドで言えば、アキ(家長昭博)が最後の最後まで身体を張って走ってキープして、前線につないでと、そういう姿勢は他の選手に伝わるものがあったはずですし、それに応えていくというのは非常にチームとして目指すべきところです。

(横浜戦は)自然と戦っていくということが、表われたゲームだと思います。これをシーズン通してやっていくことが大事ですし、次の町田戦(4月7日)は、よりそういうものが重要になるのかなと、連戦の最後ですしすべてを出し切るくらいにやってほしいです」

 目に見えない部分に選手たちの知られざる準備や想いが隠れている。そうした想いは必ずチームにプラスをもたらすはずだ。

取材・文●本田健介(本誌編集部)

【記事】「一変してるんやん、新聞記者が」内田篤人、1試合で変わった鎌田大地への“手のひら返し”評価に意見「いいんだけどね...」

【記事】なぜ本田圭佑は9か国でプレーしたのか。「周りからおだてられるのは意外に嫌いなんで」

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!
 
【関連記事】
「彼は間違えられるものは全て間違えた」鎌田大地、ローマダービーでフル出場も最低評価相次ぐ「あらゆる点でテストに失敗」
「エンドウは究極の保護シールド」遠藤航はマンUのブラジル代表MFより上!英紙が比較して賛辞「カゼミーロのベストでも彼より...」
「よくわからないけどフリーでいる」名SB内田篤人が“クロスを上げやすかったFW”は?「あまり動きすぎてない」
川崎からアメリカ挑戦を決めた山根視来の“今”。日本で抱え続けた葛藤とは?【インタビュー/パート1】
脇坂泰斗が海外移籍より川崎残留を選んだ理由。勝負の2024年への強い覚悟【スペシャルインタビュー前編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ