なぜ本田圭佑は9か国でプレーしたのか。「周りからおだてられるのは意外に嫌いなんで」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月06日

「その場所が飽きちゃうので」

世界挑戦について言及した本田。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表のレジェンドである本田圭佑が、世界で戦い続けるワケを明かした。

 21歳の時に、プロデビューした名古屋グランパスからオランダのVVVフェンロに移籍した本田は、そこからCASKモスクワ(ロシア)、ミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)、ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)、スードゥバ(リトアニア)と渡り歩き、計9か国・10クラブでプレーした。

 その後は、指導者としてカンボジア代表の監督も務めた経験もある。

 自身の公式YouTubeチャンネルで公開した、サイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長との対談の中で、37歳のMFは「世界で戦い続ける理由」についてこう語っている。
【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
「そういうのが好きなんですよね。性格的に。逆に、心地いい、周りからおだてられるのは意外に嫌いで、つまんなくなるので」

 37歳のレフティは、「またそこで何者かになったら、その場所が飽きちゃうので、また新しい場所に行きたい。気づいたらもう10か国ぐらい住んでるっていう」と話しを続けている。

「色々世界を見て回ると、まだまだ本当に見たことのないような人たちが見たことのない環境で生活してるっていう事実があるので、そういうところの僕がこのビジネスの世界にあの踏み入れた気持ちは忘れないようにしたいなっていうのはある」

 サッカー以外でも、様々なビジネスを手掛けて、成功させている本田。根底にあるのはそうしたチャレンジ精神なのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「お前らみたいなサッカー後進国に何ができるんだ」本田圭佑、オランダ時代の“差別被害”を告白。「日本から車のメーカーの奴が来て...」
 
【関連記事】
「お前らみたいなサッカー後進国に何ができるんだ」本田圭佑、オランダ時代の“差別被害”を告白。「日本から車のメーカーの奴が来て...」
「いい監督になりそう」本田圭佑が太鼓判を押した元日本代表は? 引退発表の松井大輔も「補佐役やってみたいけど、断られた」
「今までの日本人にはいなかった」本田圭佑が絶賛した森保ジャパン戦士は?「群を抜いている」
「日本に全然いないFW」本田圭佑、日本代表監督をやるならコーチに呼びたいのは誰?“意外なコンビ”に元代表戦士から鋭い指摘「ケイスケ、それ絶対にバラバラになるよ」
1位メッシ、4位C・ロナウド、5位本田圭佑...海外メディアが発表したランキングは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ