• トップ
  • ニュース一覧
  • 「悪夢のようなシナリオが浮上」不可欠な遠藤航の“出場停止危機”に現地注目「綱渡りをしている」

「悪夢のようなシナリオが浮上」不可欠な遠藤航の“出場停止危機”に現地注目「綱渡りをしている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年04月03日

「2度の警告を受けた場合、2試合を欠場しなければならない」

直近のブライトン戦でも奮闘した遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 遠藤航が所属するリバプールは、29試合を消化したプレミアリーグで、2位アーセナルに2ポイント、2位のマンチェスター・シティに3ポイントの差をつけて首位に立っている。

 そのチームにあって、遠藤は不動のアンカーとしてハイパフォーマンスを継続。中盤に不可欠な存在となっている。

 ただ、今後に気を付けなければいけないのが出場停止だ。『Manchester Evening News』紙は「悪夢のようなリバプールのシナリオが浮上」と題した記事で、こう伝えている。

「リバプールのエンドウとダルウィン・ヌニェスは、出場停止の取り消しが近づく今シーズンのプレミアリーグで、それぞれ8枚のイエローカードをもらっている」
【動画】「うめー」「つっよ」とファン驚嘆!遠藤航がブライトンの快足男に追いつき圧巻のボール奪取
 記事は「リバプールの2人のスター選手はサスペンションの綱渡りをしている」と綴り、こう続けている。

「ある時点までに10回の警告を受けたプレーヤーは、2試合の出場停止処分を受ける。この出場停止処分の期限は第32節となる。リバプールはこれまで29試合を行なっている」

 同紙は「レッズは次の3試合で最下位のシェフィールド・ユナイテッド、マンチェスター・ユナイテッド、クリスタル・パレスと対戦する。どちらかの選手がこれらの試合で2度の警告を受けた場合、2試合を欠場しなければならない」と指摘。両者の重要性をこう伝えている。

「昨夏にアンフィールドでの中盤再建の一環として契約したエンドウはここ数週間、リバプールにとって中盤の基幹としてますます重要な存在となっており、ウルグアイ代表のヌニェスは27試合に出場して10ゴール・8アシストを記録している」

 カードを気にしてプレーするようなことはないだろうが、替えが利かない存在だけに、ある程度のコントロールは必要かもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」
 
【関連記事】
「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」
「トップクラスだ!」遠藤航のおかげでマカリステルが躍動!“元リバプールの10番”が賛辞「エンドウが隣にいることで...」
「恋愛映画を作れる」「素晴らしかった!」名将クロップ、遠藤航とマカリステルの“抜群の連係”を称賛!試合後に見た2人の行動を明かす「ワォだ!」
「ワタルとマッカは適切なスペースにいた」クロップ監督が“タスク完遂”の遠藤航らに賛辞!「彼らは素晴らしい」
「エンドウとマカリステルが試合を支配した」中盤で圧倒した遠藤航を現地称賛!「どこにでも現われた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ