• トップ
  • ニュース一覧
  • 「多くの批判や謎の物体扱いを経て、ようやく答えが得られた」久々先発で奮戦した鎌田大地を地元メディアが高評価!一方でまさかの“最低点”も「ミスが多すぎる」

「多くの批判や謎の物体扱いを経て、ようやく答えが得られた」久々先発で奮戦した鎌田大地を地元メディアが高評価!一方でまさかの“最低点”も「ミスが多すぎる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月31日

「監督の指示を実践するのが最も遅い」とも

ユベントス戦で80分までプレーした鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月30日に開催されたセリエAの第30節で鎌田大地が所属するラツィオがユベントスとホームで対戦。後半アディショナルタイム3分にアダム・マルシッチがヘッドで劇的な決勝点を叩き込み、イゴール・トゥドール新監督の初陣を1-0の勝利を飾った。

 辞任したマウリツィオ・サッリ前監督の下では、なかなか出番を与えられなかった鎌田は、1月7日のウディネーゼ戦以来11試合ぶりの先発出場を果たす。

 4-4-2のダブルボランチの左に入った鎌田は、チームトップタイの97回のタッチ数を記録するなどボールによく絡み、運動量も豊富。前線に何度も顔を出して、自ら2本のシュートも放った。激しいチャージでボールを奪うなど、守備でも奮闘している。
【動画】鎌田がユベントス戦で猛プレスからチャンス構築
 ラツィオの専門メディア『LAZIONEWS24.COM』は「7点」の高評価。「多くの批判と謎の物体扱いを経て、ようやくピッチでの答えが得られた。彼は意欲を持っており、それを継続的に示している」と称賛した。

 一方、相変わらずの低評価だったのが『LAZIOPRESS』だ。まさかのチーム最低タイ評価の「5.5点」で、厳しい見方をしている。

「フランクフルトで既に務めていた役割ですぐにチームに投入された彼は、11人の中で監督の指示を実践するのが最も遅いようだ。決定的瞬間のミスが多すぎる」

 評価は分かれたが、概してポジティブな印象だったのは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】出番激減の鎌田大地、なぜオファー殺到の中でラツィオを選んだのか。伊代理人が舞台裏を告白「誰もがプレッシャーをかける中で...」
 
【関連記事】
「彼はとても賢い」「気に入ったよ」ラツィオ新指揮官が先発抜擢の鎌田大地を称賛!「私が望むスタイルに適している」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」
「ヒデさんが喋る度にみんな気にする」中村俊輔が明かした“ピリピリしていた”日本代表の雰囲気。森保ジャパン戦士は「昔はやばかったって…」
「衝撃的だった」中田英寿が“驚愕したチームメイト”を回想!「彼ほどボールを蹴るのが上手い選手を見たことがない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ