• トップ
  • ニュース一覧
  • 「エンドウは英雄に」遠藤航で大正解!リバプールが昨夏に“獲得しなかった6人”を現地特集「ファンは逃したのを喜んでいる」

「エンドウは英雄に」遠藤航で大正解!リバプールが昨夏に“獲得しなかった6人”を現地特集「ファンは逃したのを喜んでいる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月25日

「『マネーボール』アプローチが正当化された」」

リバプールにとって最高の掘り出し物となった遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 遠藤航のリバプールでの活躍ぶりは周知の通りだ。

 本命のモイセス・カイセドやロメロ・ラビアをチェルシーに奪われた後、ブンデスリーガ下位のシュツッツガルトから獲得した30歳の実力に、当初は懐疑的な目が向けられていた。

 しかし、クラブの月間MVPに選ばれた12月以降のパフォーマンスは圧巻で、いまや不可欠な存在となった。

 そんななか、リバプールの専門サイト『Liverpool.com』は3月24日、「リバプールは移籍候補6人を除外、エンドウの『マネーボール』アプローチが正当化された」と見出しを打った記事を掲載。次のように伝えている。

「リバプールは昨夏、6名の獲得候補のリストを持っていると報じられた。レッズは回避するという正しい決断を下した」
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 記事は、ケフレン・テュラム(ニース)、シェイク・ドゥクレ(クリスタル・パレス)、ジョアン・パリーニャ(フルアム)、カルビン・フィリップス(マンチェスター・シティ→ウェストハム)、アンドレ・トリンダーデ(フルミネンセ)、ソフィアン・アムラバト(フィオレンティーナ→マンチェスター・ユナイテッド)の6人について、契約しなかった経緯を説明。こう綴っている。

「ユルゲン・クロップ監督の中盤の再建は、昨夏の4人の獲得がすべてに成功したかに見えるリバプールにとって、これ以上ないほどうまくいった。アレクシス・マカリステルは、わずか4000万ユーロでワールドクラスのクオリティを加えた。エンドウは、日本やシュツットガルトの人々だけが予想できたアンフィールドの英雄になりつつある」

 同メディアは、最後にこう締め括っている。

「リバプールのファンは、古典的な『マネーボール』契約であると判明したエンドウの台頭を見て、このチャンスを逃したのを喜んでいるだろう」

 まるで映画『マネーボール』のように、知名度や印象ではなくデータを重視して安価で獲得した日本代表MFが大ブレイク。資金力に頼りがちなビッグクラブがとんだ掘り出し物を引き当てたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

【記事】「こんな幸せなことはない」日朝戦中止→日本代表解散直前に“驚きの発言”をした選手は?

【記事】前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――
【関連記事】
「たった30分しかプレーしなかった」遠藤航の早期帰国にリバプール地元メディアは歓喜!「エンドウの過酷なスケジュールが緩和される」
「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」
前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――
アジア杯では一度もなかった“遠藤抜き”の中盤。主将は守田と田中のダブルボランチをどう見たのか
「こんな幸せなことはない」日朝戦中止→日本代表解散直前に“驚きの発言”をした選手は? 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ