• トップ
  • ニュース一覧
  • マンU相手に120分奮闘!遠藤航、現地メディアの評価は二分「ファビーニョの足跡を難なく辿っている」「もっと上手くできた」

マンU相手に120分奮闘!遠藤航、現地メディアの評価は二分「ファビーニョの足跡を難なく辿っている」「もっと上手くできた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月18日

「同点弾の取り消しは非常に不運だった」

オールド・トラフォードで、延長戦を含めてタフに戦い抜いた遠藤。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月17日に開催されたFAカップ準々決勝で、遠藤航を擁するリバプールは、マンチェスター・ユナイテッドと敵地で対戦。延長戦までもつれ込んだ死闘に3-4で敗れ、ユルゲン・クロップ体制最終年での4冠の夢が潰えた。

 遠藤は3日前のスパルタ・プラハ戦(6-1、ヨーロッパリーグ)に続いて先発。37分にはゴール前でのインターセプトの流れから鮮やかにネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドとなり、得点は認められなかった。

 その後も持ち前のハードワークで大いに奮闘。ホームサポーターの前で粘りに粘った難敵に競り負けたものの、フル出場で120分をタフに走り抜いた。

 そんな背番号3に対し、現地メディア『Squawka』は採点記事で7点を付与。昨季まで同番号を身に付けた先達の名を挙げ、「ゴールはオフサイドで認められなかったが、この日本代表はレッズの中盤でファビーニョの足跡を難なく辿っている」と称賛した。
【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 一方、『Anfield Watch』は5点とやや厳しめに評価。「序盤戦、特にコビー・メイノー相手に苦戦を強いられた1人。非常に不運だったのは、アシストしたモハメド・サラーのわずかなオフサイドで、同点弾が取り消されたことだ。延長突入を招いたアントニーのシュートは、もっと上手くブロックすべきだった」と改善を促した。

 代表ウィークに入るため、クラブでの活動は休止。森保ジャパンのキャプテンは気持ちを切り替え、ワールドカップ予選の北朝鮮戦で敗戦の悔しさを晴らしたいところだ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ガッツポーズまで見せるも…遠藤航の得点は惜しくも幻に
 
【関連記事】
「遠藤は褒められたものじゃない」リバプールのマンU戦失点にレジェンドOBが苦言「集中力が欠けていた」
「惜しすぎるううう!」遠藤航、マンUとの大一番で“幻のゴ―ル”にファン悲嘆!「悔しい」「決まったと思って声出たよ」
「リバプールに来るな」遠藤航、加入前に届いた批判的な声を告白「移籍がニュースになった瞬間に...」
「僕はもっと決まりごとがあってもいいと思う」アジア杯で問題噴出の日本代表、主将の遠藤航が語った課題「最終的に決めるのは監督。ずっと選手たちに言っている」
「彼はどこにでもいる!抜いたと思ってもそこにいるんだ」遠藤航の“衝撃”をリバプール同僚MFが語る!「自分のチームにいて嬉しい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ