• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ボーンマスは明らかにハシオカを狙っていた」橋岡大樹が3失点に絡む...大逆転負けのルートンを地元メディアが糾弾!「後半はホラーショー」「壊滅的な敗北」

「ボーンマスは明らかにハシオカを狙っていた」橋岡大樹が3失点に絡む...大逆転負けのルートンを地元メディアが糾弾!「後半はホラーショー」「壊滅的な敗北」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年03月14日

「日本代表の内側に切り込んでゴール下隅に得点を決めた」

ソランキに振り切られる橋岡(27番)。(C)Getty Images

画像を見る

 まさかの逆転負けだった。

 現地時間3月13日に開催されたプレミアリーグ第17節(延期分)で、橋岡大樹が所属するルートンはボーンマスと敵地で対戦。3-4で敗れた。

 今冬に加わった橋岡が3バックの左で移籍後初めて先発したルートンは、9分に先制すると、前半だけで3ゴ―ルを奪取。2点目は橋岡のフィードが起点となった。
【動画】流れるような攻撃!橋岡が起点となったルートンの追加点
 ただ後半、その橋岡がことごとく失点に絡む。50分にドミニク・ソランキに振り切られて、1点を返されると、62分にもCKの流れからエアバトルで競り負け、DFイリヤ・ザバルニーにヘッド弾を許す。
 
 さらにその2分後、アントワーヌ・セメニョとの1対1で翻弄されてゴラッソを叩き込まれ、ついに同点に追いつかれる。3失点に関与した橋岡は68分に無念の途中交代となった。

 迎えた84分に決勝ゴールを献上したルートンの敗戦を地元メディア『LUTON TODAY』は「ルートン・タウンが3-0のリードを無駄にして、ボーンマスに3-4で敗北。後半のホラーショーを見て、ルートンは呆然と立ち去った」と酷評した。

「今夜のボーンマス戦で、前半3点のリードをどういうわけか無駄にして、3-4で負けた。ハーフタイムはルートンが降格圏からの脱出に向けて準備を整えているときに訪れた。だが、ホームチームはさらにそれを上回り、狂った45分間でゴールを決めた。ルートンの士気を奪い、壊滅的な敗北に追い込んだ」

 またボーンマンの3点目については、「ボーンマスが明らかにハシオカを狙っていたかのように、チェリーズは(52分と)驚くほど同じシーンを作り出した、ルイス・クックが右サイドのセメニョに即座にパスを出し、日本代表選手の内側に切り込んでゴール下隅に得点を決めたのだ」と伝えている。

 降格圏の18位に沈むルートンにとっては、1ポイントでも欲しいところだったが、手痛い黒星となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】初スタメンの橋岡がまさかの3失点関与
 
【関連記事】
「まさに今の日本代表に必要」アジア杯未招集DFに森保ジャパン入り待望論!「問題点めっちゃ解決しそう」
「彼はどこにでもいる!抜いたと思ってもそこにいるんだ」遠藤航の“衝撃”をリバプール同僚MFが語る!「自分のチームにいて嬉しい」
「ルートンのレジェンドになれるかもしれない」待望の新天地デビューを飾った橋岡大樹、現地ファンの反応は?「賢い選手だ」「洗礼を受けていた」
「森保監督にずっと推しているらしい」名波コーチがA代表招集を“激推し”するアタッカーは?元日本代表DFが明かす「まぁ速い。分かっていても止められない」
「上回る人はいない」天才・小野伸二が“最もスゴい”と感じたファンタジスタは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ