• トップ
  • ニュース一覧
  • 「傑出していた」「どうしてもっと起用しないのか」久々の先発で躍動の岩田智輝をセルティック地元メディアが激賞!「次もスタメン入りするべきだ」

「傑出していた」「どうしてもっと起用しないのか」久々の先発で躍動の岩田智輝をセルティック地元メディアが激賞!「次もスタメン入りするべきだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月27日

「称賛に値するパフォーマンス」

久々の先発で評価を上げた岩田。(C)Getty Images

画像を見る

 負傷による戦列離脱から復帰して間もないなかでの先発起用で、指揮官の期待に応えてみせた。

 セルティックの岩田智輝は2月25日、スコティッシュ・プレミアシップ第27節のマザーウェル戦でスタメンに名を連ねた。リーグ戦での先発出場は2か月の負傷離脱を余儀なくされる直前以来だ。

 前半に先制を許したチームは、ハーフタイムで古橋亨梧と交代したアダム・アイダが後半に同点弾。さらに終了間際のアディショナルタイムにアイダとルイス・パルマが加点して勝利を収めた。

 セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』は26日、「ダンディー戦でイワタは先発出場すべき」と、28日に行われる次節も岩田をスタメン起用すべきとの見解を示している。

「カラム・マグレガーとマット・オライリーの後方でより深い位置の役割をこなし、最終ラインを守った。『Fotmob』によると、出場77分でボール奪還9回や守備のアクション11回など、セルティックにとってエクセレントな仕事をしている。さらにインターセプト4回、クリア3回と、どうして今季もっと起用されていないのか、多くを困惑させた」
【動画】セルティック古橋の強烈ヘッド弾!
 地元紙『Daily Record』は、ブレンダン・ロジャース監督が岩田を下げてパウロ・ベルナルドを投入した際、アウェーゲームに駆けつけたセルティックのサポーターからブーイングが寄せられたと報じている。

 67 HAIL HAILは「状況から見るに、直近で試合に出ていなかったことが、イワタが交代になった理由だろう」と続けた。

「しかし、マザーウェル戦で彼は傑出していた。調子を崩していたエンジンルームにバランスをもたらした。これからセルティックはダンディー戦への準備に集中していくが、称賛に値するパフォーマンスを見せたばかりのイワタが外れたら、極めて厳しいことだろう。セルティックが目指すのは、再び重要な3ポイント。彼は2試合連続でスタメン入りするべきだ」

 首位から陥落し、宿敵レンジャーズにトップの座を明け渡したことで、プレッシャーが強まっているセルティック。復帰した岩田はチームとロジャースを助けるのに一役買えるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【関連記事】
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた...遠藤航が優勝カップを掲げる寸前に現地中継カメラが“切り替え”。ネット騒然「またやったのか」「酷いね」
「おそろしい」「ウソだと言ってくれ」遠藤航の“松葉杖姿”にリバプールサポから悲鳴「予防策なのを願う」
「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?
「ロジャーズのスタイルには合わない」前半のみで交代のセルティック古橋、地元メディアはチーム最低評価。前田には「ほとんど何も生み出さなかった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ