• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ロジャーズのスタイルには合わない」前半のみで交代のセルティック古橋、地元メディアはチーム最低評価。前田には「ほとんど何も生み出さなかった」

「ロジャーズのスタイルには合わない」前半のみで交代のセルティック古橋、地元メディアはチーム最低評価。前田には「ほとんど何も生み出さなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月26日

岩田には賛辞

マザーウェル戦でハーフタイム交代となった古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月25日に開催されたスコットランドリーグの第27節で、日本人5選手が所属するセルティックは敵地でマザーウェルと対戦した。

 この一戦に古橋亨梧、前田大然、岩田智輝は先発出場。負傷離脱中の旗手怜央と小林友希はメンバー外となった。

 43分に先制を許したセルティックは、1点ビハインドで前半を終える。それでも後半、古橋に代わって入ったアダム・アイダが2ゴール、同じく途中出場のルイス・パルマがダメ押し弾を決めて、3-1で逆転勝利を飾った。

 セルティックの地元メディア『Glasgow World』は、マザーウェル戦に出場した選手たちを採点している。
【動画】キルマーノック戦、古橋が強烈ヘッドで先制弾!
 先発した日本人3選手の中で、最も評価が高かったのは「6点」の岩田で、「4バックの前で落ち着いたパフォーマンスを披露。途中交代させるという選択には、セルティックのファンからブーイングが起きていた」と寸評を添えた。

 一方で前田に及第点以下の「5点」、古橋にはチーム最低の「4点」と厳しい評価を与えている。

前田
「努力を惜しまないし、プレスバックもするが、最終的にはほとんど何も生み出さなかった。ファーポスト付近でのヘディングシュートを決めるべきだった」

古橋
「得点のチャンスを逃し、ハーフタイムに交代。今の(ブレンダン・)ロジャーズのスタイルには合わないようだ」

 セルティックは次節、28日にホームでダンディーと激突。前田と古橋の2人は汚名返上なるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【関連記事】
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
「なぜ岩田を使わない?」「彼が失望させたことはない」不調のセルティック、OBが日本人コンビを切望!「必要なのは旗手の復帰」
「エンドウはなんて男、なんて選手なんだ!」120分間奮闘した遠藤航に名将クロップも驚嘆!「彼は今まで見た中で最も...」
「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?
「重大なミス」久保所属のソシエダに何が起こったのか。2選手が衝撃の“1点評価”、地元紙が糾弾!「ひどい。問題は考えているよりもはるかに深刻」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ