• トップ
  • ニュース一覧
  • 湘南の“24年第1号”は池田昌生! ただ敗戦の悔しさ露わに「ゴールが勝利につながっていないので...」

湘南の“24年第1号”は池田昌生! ただ敗戦の悔しさ露わに「ゴールが勝利につながっていないので...」

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2024年02月25日

「さらに良くなっていく余地はある」

鋭い右足ショットで先制点を挙げた池田。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 湘南ベルマーレは2月24日、J1第1節で川崎フロンターレとホームで対戦した。

 湘南の2024年シーズン初得点は、池田昌生だった。7分、セットプレーで茨田陽生がクロスを上げると、相手のクリアに反応し右足一を閃。抑えの利いたシュートは相手の間をすり抜けてネットに突き刺さった。

 ゴール後には息子のハーフバースデー(生後6か月)を祝う「6」のハンドサインを披露。開始早々の先制点に、スタジアムは歓喜に包まれた。

 しかし、チームはその後、逆転を許して1-2で敗北。試合後、池田は自身のゴールへの喜びを見せず、悔しさを露わにした。

「自分のゴールが勝利につながっていないので、それがすべてです」
【PHOTO】湘南ベルマーレの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 悔いの残る結果ではあったが、得点も含め、池田にとって収穫のあるゲームだったはずだ。本人に今節で掴んだ手応えを訊いてみると、次のように答えた。

「右サイドでコンビを組んだ(鈴木)雄斗君は、サッカーIQが高いのでやりやすかったです。自分のサッカー観を分かってくれる。今日も良い連係はあったし、ふたりで局面を打開できるようになっていけば、さらに良くなっていく余地はあると思います」

 今節から採用された新システム4-4-2で、池田のポジションは右サイドハーフだ。昨季のサイドボランチ(インサイドハーフ)に近い役割ではあるが、守備の負担が多少軽減されるため、より攻撃に絡む機会が増えるはず。高い位置で鈴木雄と頻繁に絡めれば、右から相手の守備を攻略する回数も増えるだろう。

 次こそは、チームを勝たせるゴールを――。今季から背番号を27から18に変えたテクニシャンの活躍に期待だ。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!

【記事】「いない方が強い」「出した時点で諦めたようなもん」敗戦のソシエダ、久保同僚FWに怒りの声!「視野も狭いしやたらこける」

【記事】「エンドウが予想していなかった中盤のマエストロに」遠藤航は守備だけではない!地元メディアが絶賛「ライバルのファンはこの移籍を嘲笑していたが...」
 
【関連記事】
湘南の新システム4-4-2、選手・監督の手応えは? キム・ミンテは「面白いチームになる」田中聡は「僕のところは自由になった」
「いない方が強い」「出した時点で諦めたようなもん」敗戦のソシエダ、久保同僚FWに怒りの声!「視野も狭いしやたらこける」
「エンドウが予想していなかった中盤のマエストロに」遠藤航は守備だけではない!地元メディアが絶賛「ライバルのファンはこの移籍を嘲笑していたが...」
「終了の笛まで頑張り続けた」古巣戦で奮闘の久保建英、ソシエダは敗戦も現地メディアは及第点の評価「驚かせようとしたが...」
「クボはイライラしていた」久保建英に依存しすぎ!スペイン大手紙がソシエダの攻撃を酷評「全ての責任を日本人に負わせることはできない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ