• トップ
  • ニュース一覧
  • 一昨季、昨季はプレーオフ敗退。モンテディオ山形に”あと一歩足りない部分”とは? キャプテンの南秀仁が回答

一昨季、昨季はプレーオフ敗退。モンテディオ山形に”あと一歩足りない部分”とは? キャプテンの南秀仁が回答

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年02月21日

詰めの甘さを改善する意味でも…

守備面での進化を示すうえでボランチ南の活躍は不可欠だろう。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 2024年シーズンの戦いに臨むモンテディオ山形の目標は「J2優勝」と明確だ。いずれも昇格プレーオフで敗退した一昨季と昨季はあと一歩のところでJ1への道が絶たれた。その経験を踏まえて、山形が足りなかった部分をキャプテンの南秀仁は次のように捉えている。

「昨季の結果を振り返ると、勝利数は上位陣とあまり変わらない。一方で負け数が多いので、そこが自分たちの隙なのかなと。詰めの甘さを感じたので、そこを改善する意味でも失点を減らしたいです。僕自身だけでなく、チームもそう感じていたので、今季は守備面で意思統一していきたいです」

 南曰く「今季はチーム立ち上げからここまで良い練習ができている」。課題の守備についても、「自分たちが取り組もうとしているものが練習やトレーニングマッチですごく手応えを感じている」そうだ。
 
 取り組もうとしているのは具体的に何か。

「昨季は上位陣との対戦でペナルティエリアに進入される回数が多かったので、そこを意識して自陣のペナルティエリアに入れないための練習をしています。ペナルティエリアに入れなければ失点を減らせるはずなので」

 千葉とのリーグ開幕戦、山形は守備面での進化を見せられるか。ボランチを担う南は間違いなくキーマンのひとりになる。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part3)


【記事】【財前宣之のJ1順位予想】実力者を補強の神戸が今季も優勝候補。J1初挑戦の町田がどこまでやれるかにも注目


【記事】日本代表の森保一監督続投は妥当か? アジア杯ベスト8敗退、豊富な戦力を最大限に活用できる最適任者なのかと言えば...
【関連記事】
「私個人ではなく、クラブの意見として」降雪地域のクラブであるモンテディオ山形がシーズン移行に賛成した理由は? 相田社長が挙げた「いくつかのポイント」
「解決できないことに文句を言い続けるなら…」ファンとの意見交換の場を設けるべきか。山形の相田社長の見解は?
「人を批判する行為は全然違う次元の話」「誰が正解で、誰が間違っているということではない」シーズン移行に賛否が分かれるファン・サポーターの反応についてモンテディオ山形の相田社長が回答
「正直、あまりメリットとして捉えられない」モンテディオ山形の相田社長が降雪地域でも”ドーム型の施設建設”に前向きではない理由
「受け入れるのが難しかった」三笘薫へ危険タックルの英DFが人種差別被害。所属クラブは「誹謗中傷を非難する」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ