• トップ
  • ニュース一覧
  • 「解決できないことに文句を言い続けるなら…」ファンとの意見交換の場を設けるべきか。山形の相田社長の見解は?

「解決できないことに文句を言い続けるなら…」ファンとの意見交換の場を設けるべきか。山形の相田社長の見解は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年12月20日

「心情面は分かりますが」

独自の見解を示した相田社長。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2023年12月19日、Jリーグは「2026-27シーズンからシーズン移行を実施し、残された課題を継続検討していく」ことを決定した。これにより、26-27シーズンは26年 8月1週頃に開幕し、12月2週頃の試合後から27年2月3週頃のゲームまでをウインターブレーク期間とし、27年5月最終週頃に閉幕となる予定だ。

 モンテディオ山形のファン・サポーターの中にはクラブだけでなく、Jリーグ本体の関係者とも意見交換をしたいという方がいるそうだが、そうした機会を設ける考えを山形の相田健太郎社長は持っているのだろうか。

「僕がリーグの人間ではないので、そこはいつ頃やるんじゃないんでしょうかと明確には言えません。チェアマンの考えで言ったら、降雪地のサポーターの皆さんにはおそらく(シーズン移行は)理解しがたい部分もあるだろうから、話をする機会はもしかするとあるかもしれないですし、そこは何とも言えません」
 
 今回の決定でクラブが前を向いて頑張ろうという状況下で、「リーグの人がきたところでどうなのかなと思う」というのが相田社長の個人的な見解だ。話し合いの場を儲けて何かが解決されるならやるべきだが、「単純に文句を言いたいから来てくださいというのは筋が違うと思います」と同社長は続けて言った。

 しかしだからといって、「高飛車にビジネスをやっていることでもありません」(相田社長)。

「お互い持ちつ持たれつのところだと思うので、話をして解決するのであれば良いんですけど、解決できないことに文句を言い続けるなら、そうした会を開くことはサッカー界にとってあまり良くないと考えています」

「心情面は分かりますが」と断りを入れたうえでの相田社長の見解である。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

「まじか!」「なんてありがたい」水沼宏太のマンC本拠地訪問で発覚した事実に横浜ファン大興奮!「浦和情報は筒抜け?」の声も

「食事では日本人に何マイルも遅れをとっている」横浜の“スタグル”に英国のファンが驚き!「まったく違う」「セルティックパークなら2700円はするぞ」

「ドリブルが注目されがちですけど...」冨安健洋が明かすマッチアップした三笘薫の“凄さ”「常に背後を狙われている」
【関連記事】
「正直、あまりメリットとして捉えられない」モンテディオ山形の相田社長が降雪地域でも”ドーム型の施設建設”に前向きではない理由
「私個人ではなく、クラブの意見として」降雪地域のクラブであるモンテディオ山形がシーズン移行に賛成した理由は? 相田社長が挙げた「いくつかのポイント」
「人を批判する行為は全然違う次元の話」「誰が正解で、誰が間違っているということではない」シーズン移行に賛否が分かれるファン・サポーターの反応についてモンテディオ山形の相田社長が回答
「浦和との対戦は簡単ではなかった」「OGの賜物」3発快勝のマンC、地元紙は前半の苦戦を指摘!「最終的には楽に決勝進出を果たした」【クラブW杯】
小野伸二にとって中村俊輔とは?「あなたを超える日本人選手は居ません」。引退試合に参戦「素敵な時間をありがとうございました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ