• トップ
  • ニュース一覧
  • 決めたのはやはりこの男!!柏とのちばぎんカップで千葉を勝利に導いた新10番・小森飛絢の強い覚悟

決めたのはやはりこの男!!柏とのちばぎんカップで千葉を勝利に導いた新10番・小森飛絢の強い覚悟

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2024年02月18日

ストライカーとして著しい成長

ゴールを仲間と喜ぶ小森(写真中央)。さすがの決定力を見せた。写真:永島裕基

画像を見る

[ちばぎんカップ]柏 1-2 千葉/2月18日/三協フロンテア柏スタジアム

 やはりチームを勝利に導いたのはこの男だった。

 2月18日に行なわれた、シーズン開幕前恒例の柏と千葉のちばぎんカップは、J2の千葉がJ1の柏を2-1で下した。

 37分、貴重な先制ゴールを奪ったのは、今季から10番を背負う大卒2年目のストライカー・小森飛絢だ。

 ゴール前の崩しに関わると、味方のシュートをGKが弾いたところにしっかり詰めてネットを揺らした。

 その後はチームとしてチャンスを決め切れずにいたが、ドゥドゥが80分に加点。後半アディショナルタイムに柏のマテウス・サヴィオに1点を返されるも逃げ切り、自身は大会MVPに選ばれた。

【厳選ショット】新10番・小森飛絢とドゥドゥのゴールで千葉がちばぎんカップ連覇!|第28回ちばぎんカップ 柏1-2千葉

 

大会MVPを受賞。千葉の今季のキーマンだ。写真:永島裕基

画像を見る

 昨季、彗星の如く現われた点取り屋は、大卒1年目ながらチームトップの13ゴールを奪い、昇格とはならなかったが、千葉のプレーオフ進出に貢献。J2ベストイレブンにも選出された。

 オフにはステップアップの移籍も噂されたなか、千葉で戦い続けることを決め、新シーズンは10番を託された。

 自らの役割は深く理解している。

「10番ということで、去年以上の覚悟と責任を持たなくちゃいけないと思いますし、自分がJ1へ昇格させたいという想いはあります。チームを勝たせられるようにやっていきたいです」

 シュートパターンが豊富で、何よりゴールへの貪欲な姿勢、嗅覚は素晴らしい。

 この日のゴールも、こぼれ球に誰よりも速く反応した形で「常に準備をしていますし、そこにボールが来るのがストライカーとして大事」と語る。

 改めて今季の目標はJ2得点王とチームの昇格だ。

 成長速度がさらに増している印象もある23歳。前日に富士フイルムスーパーカップを戦った川崎のFW山田新らと同世代で大学時代は鎬を削り、今も刺激を受けているという。

 千葉の新エースが今季のJ2を席巻する可能性は大いにあるだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】大声援で勝利を呼び込んだジェフユナイテッド千葉サポーター!

【記事】「とっても華やかです」国立にJクラブチアが大集合!「アビチアちゃん完全優勝」「袖あってよかった」などの声

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!
 
【関連記事】
「他人事ではないということは...」韓国クリンスマン監督の解任を聞かされ、森保監督は何を語った?「志を忘れずに」
「多くの仕事をこなし、影響力が増大」大勝に貢献の遠藤航に地元メディアが“8点”のチーム最高評価!追加点の起点に!「重要な2点目に繋がるボールを奪取」
ソシエダ指揮官、久保建英が謝罪した失点に激怒した「理解できない」発言を釈明。「チーム全体に対するメッセージだった」
なぜ冨安健洋はアジア杯帰還後2試合連続でメンバー外となったのか。アーセナル地元メディアが報道「問題を抱えている」
背中のハートマークがポイント。名古屋のチアグランパス、24シーズンのユニデザイン発表! 開幕戦で新ウェアでのパフォ初披露

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ