【G大阪】8連戦を終えて2勝2分け4敗…。宇佐美も自身の不甲斐なさを嘆く「エネルギーが足りてない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月21日

最終戦の阪神ダービーは「身体にムチ打ったが、あと一歩が出なかった」。

J1での阪神ダービーでは、2012年開幕戦以来の敗戦となったG大阪。指揮官は「あと一歩が出なかった」と疲労の蓄積が大きかったことを認めた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 連戦の疲労は、G大阪の選手たちに見えない足かせとなっていた――。
 
 神戸との「阪神ダービー」に、1-2と敗戦。前半はボールを支配したが、長谷川監督が「なかなか効果的なボールを前に運べなかった。同じようなテンポのボールが多かった」と語ったように、神戸の守備網の外でだらだらとボールを回すような展開に。
 
 すると36分、ショートカウンターからスルーパスに抜け出した神戸のペドロ・ジュニオールと、金が右サイドで1対1に晒され、あっさりと突破されてしまう。中央にクロスを送られると、フリーの小川に決められて先制。
 
 さらに後半に入り、58分にはCBに入った今野がゴール正面でボールを収めたペドロに食いついたが、奪いきれずにレアンドロへのスルーパスを許すと、GK東口もファーへのシュートに触れず2失点目を喫した。
 
 その後、84分に宇佐美のCKから金が頭で叩き込んで1点を返したが、時すでに遅し。この試合がリーグ戦とACLを並行して戦う8連戦の8試合目。さらに15日に中国・上海で戦ったACLのアウェー・上海上港戦(1-2で敗戦)から中3日ということもあり、指揮官は「選手は疲れた身体にムチを打ったが、あと一歩のところで足が出なかった」と蓄積した疲労で、特に失点シーンでは最後の粘りが出なかったことを認めた。
【関連記事】
【J1採点&寸評】神戸×G大阪|MOMは攻守両面で輝いた小川。宇佐美はまたも無得点も卓越した技巧で脅威に
【J1】阪神ダービーで神戸が約3年ぶりの勝利! ACLから中3日のG大阪は精彩欠き3連勝ならず
【浦和】2ゴールを演出して日本代表へ―柏木陽介が語った危機感と自信。「ギリギリのところにいる。でも…」
【柏】監督交代でチームは好転? メンデス前監督の流儀と従来のスタイルを融合させた“下平カラー”とは
【ACL順位表】苦戦が続くJクラブ勢。折り返し時点で全チームがグループ3位

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ