• トップ
  • ニュース一覧
  • 「僕のミス」「罪悪感を感じる」久保建英、マークを外したエムバペに奪われた先制点を謝罪「彼は速いので、すでに2M離れていた」

「僕のミス」「罪悪感を感じる」久保建英、マークを外したエムバペに奪われた先制点を謝罪「彼は速いので、すでに2M離れていた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月15日

「彼をマークし続けなければならないのは明らかだった」

先制点の場面を悔やんだ久保。(C)Getty Images

画像を見る

 久保建英が所属するレアル・ソシエダは現地2月14日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第1レグで、パリ・サンジェルマンとアウェーで対戦。58分にキリアン・エムバペ、70分にブラッドリー・バルコラにネットを揺らされ、0-2で敗れた。

 4-3-3の右ウイングでフル出場した久保にとって痛恨だったのは、先制点の場面だ。相手のCKからマルキーニョスの背中に当たったボールをファーサイドにいたエムバペに押し込まれたのだが、そのエムバペのマーカー役が日本代表MFだったのだ。
【動画】久保が謝罪したエムバペの先制点
 スペインメディア『El Desmarque』によれば、久保は試合後、こう謝罪した。

「イゴール(・スベルディア)が競り勝ったように見えたから、セカンドプレーがあると思い、(ボックスの)外に出ようとした。ボールが誰の背中に跳ね返ったのかは分からないけど、その瞬間、エムバペは速いので、彼はすでに2メートル離れていた。それまで良い試合をしていたので、個人的にはこのゴールにはとても罪悪感を感じている」

 このシーンでは、ソシエダの右SBのアマリ・トラオレが治療のためにピッチの外に出ていた。14番は「僕たちは1人少なかったので、エムバペを捕まえなければならなかった。彼をマークし続けなければならないのは明らかだった。僕がそれをやめたら、見失ってしまった。僕のミスであり、反省したい」と続けている。

 攻撃ではチャンスを作り出したものの、悔やまれる一戦となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「前半はPSG守備陣にとって悪夢」パリ相手に奮闘した久保建英、スペインメディアは“7点”の高評価!「日本人は攻撃で非常に鋭かった」
 
【関連記事】
「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
「感動的な謝罪」「誠実だ!」失点直結のミスを詫びた久保建英を対戦国メディアが称賛!「躊躇ない」
「CLであんな失点はあり得ない」久保建英のミスから献上した先制点にソシエダ指揮官は嘆き「起こってはいけない」「非常に痛かった」
「前半はPSG守備陣にとって悪夢」パリ相手に奮闘した久保建英、スペインメディアは“7点”の高評価!「日本人は攻撃で非常に鋭かった」
「クボは息子の友達のような存在なんです」なぜ久保建英は韓国のメディアから注目を浴びるのか。同国記者が明かした理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ