• トップ
  • ニュース一覧
  • 「誰もが目ざす場所」1年半ぶりの代表復帰、なでしこ上野真実は並々ならぬ覚悟でパリ五輪最終予選へ!「本当にやってやろうと」

「誰もが目ざす場所」1年半ぶりの代表復帰、なでしこ上野真実は並々ならぬ覚悟でパリ五輪最終予選へ!「本当にやってやろうと」

カテゴリ:日本代表

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年02月13日

久々の代表招集に素直な心境は?

2022年7月のE-1選手権以来となる代表復帰を果たした上野。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

 なでしこジャパンは2月13日、パリ五輪・アジア最終予選の北朝鮮戦に向けた国内キャンプをスタートさせた。

 初日のトレーニングでは、ランニングに始まり、シャトルランや試合のビルドアップを想定したパス回しなどを実施。ついに始まったこの代表合宿に並々ならぬ覚悟を持って臨んでいた選手がいた。2022年7月のE-1選手権以来、約1年半ぶりのA代表復帰を果たした上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)だ。

 現在、WEリーグ7試合に出場して5ゴールを挙げ、得点ランキングトップに立つ上野。代表招集の知らせを訊いた際は、「もちろん驚きもありましたし、嬉しい気持ちもありました」と素直な心境を明かしつつ、代表にかける思いをこう語った。
【PHOTO】北朝鮮との連戦に向け、なでしこジャパンが始動!帯同した11名の選手とスタッフが、笑顔で汗を流す!
「いまリーグ戦でしっかり結果を残せていると思うので、それをこの代表で出していければいいかなと。前目のポジションとしてはゴール、結果を求められると思うし、自分自身もそこを求めてやってきているので、代表でもしっかり自分のプレーを出せるように頑張りたい。今は本当にやってやろうという気持ちでいっぱいです」

 上野にとってオリンピックは夢の舞台。「この大きな舞台は誰もが目ざす場所。自分もそこを目ざしてやってきているので、しっかりここでアピールして、メンバーに残っていけるように頑張りたい」と闘志を燃やした。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...

【記事】遠藤航とマカリステル、起用すべきは? リバプール地元記者が見解「どちらかを選ぶのなら...」

【記事】「グラウンド状況の視察自体ができない」なでしこJ、北朝鮮戦が平壌開催となった場合の懸念点は?
 
【関連記事】
「無傷では帰れない」なでしこ杉田妃和、パリ五輪への切符を争う北朝鮮の印象は? 第1戦の開催地未定の現状には...
「嫌なところでファウルだったり...」なでしこ田中美南が分析する北朝鮮の警戒ポイントは?「こっちも泥臭く戦う」
遠藤航とマカリステル、起用すべきは? リバプール地元記者が見解「どちらかを選ぶのなら...」
「グラウンド状況の視察自体ができない」なでしこJ、北朝鮮戦が平壌開催となった場合の懸念点は? 開催地が未定に
「ひどい傷だ」危険タックルを受けた南野拓実の痛々しい“傷痕”にファン驚き!「すね当てをしてなかったのか?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ