• トップ
  • ニュース一覧
  • 「終始精彩を欠いた」「最後まで元に戻らず」板倉滉を韓国メディアが糾弾。日本はイランに敗戦、夢半ばでカタールを去る【アジア杯】

「終始精彩を欠いた」「最後まで元に戻らず」板倉滉を韓国メディアが糾弾。日本はイランに敗戦、夢半ばでカタールを去る【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月03日

「イランは日本のフィジカルが弱点だと気付いた」

痛恨のPKを献上した板倉。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 2月3日に開催されたアジアカップの準々決勝で、日本代表はイラン代表と対戦。1-2で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

 森保ジャパンは28分に守田英正が幸先良く先制点を挙げるも、強豪イランの反撃に遭うなか、55分にモハマド・モヘビに被弾。同点に追いつかれると、後半アディショナルタイムには板倉滉のファウルで与えたPKを、アリレザ・ジャハンバフシュに決められ、逆転負けを喫した。

 韓国メディア『sportal korea』は、PK献上のほか、早い時間帯にイエローカードも貰うなど、冷静さを欠いた板倉を厳しく追及。「終始精彩を欠いた日本代表DF、結局土壇場でPKを与えて逆転ゴール許す」と題した記事で、こう伝えた。
【動画】後半ATの悲劇…痛恨の逆転ゴールを許す
「イランは日本のフィジカルが弱点だと気付き、ロングボールやサイドを使ったクロスプレーで制空権を握った。イランがゲームを支配し、日本は攻め込まれ続けた。そしてアディショナルタイム、最後まで元の状態に戻らなかった日本のCBイタクラが、相手をつまずかせてPKを献上してしまい、ジャハンバフシュの逆転ゴールが生まれた」

 日本は3大会ぶりのアジアカップ制覇はならず。ワールドカップに続き、夢半ばでカタールを去る。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
 
【関連記事】
【日本1-2イラン|採点&寸評】後半は何もできずにあえなく敗戦。全選手が当然の及第点以下。痛恨PK献上の板倉滉と共に4点台にしたのは…
なぜ乱調気味の板倉を交代させなかったのか。前田の交代も裏目に。イラン戦での森保監督の采配は批判されて当然だ【コラム】
「日本は非常に弱かった」森保Jを2-1撃破のイラン、母国ファンは大興奮!「彼らは神」「ベストマッチだ」【アジア杯】
「あまり言いたくないんですけど...」冨安健洋はイラン戦敗北をどう受け止める? チームの“熱量”にも言及「僕も含めて後半は特に感じられなかった」【アジア杯】
「後半どうした!?」「板倉狙われてたな...」日本のイラン戦逆転負けにファンの反応は?「本番で勝たなきゃ!」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ