• トップ
  • ニュース一覧
  • 「キャッチした感覚はあった」GK鈴木彩艶、こぼれ球の処理で上田と交錯...なぜ失点した?「上田選手ともロッカーで話した」【アジア杯】

「キャッチした感覚はあった」GK鈴木彩艶、こぼれ球の処理で上田と交錯...なぜ失点した?「上田選手ともロッカーで話した」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月01日

「セカンドボールに対応できるイメージでした」

GK彩艶がバーレーン戦の失点シーンを振り返った。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

[アジアカップ ラウンド16]日本 3-1 バーレーン/1月31日/アル・トゥママ・スタジアム
 
 森保ジャパンは1月31日、アジアカップのラウンド16でバーレーンと対戦し、3-1で勝利。GK鈴木彩艶がこの試合の失点シーンを振り返った。
 
 2-0とリードして迎えた64分、左CKからの相手のシュートをGK鈴木が弾き、その浮いたこぼれ球をクリアしようとした上田と、キャッチしようとした彩艶が交錯。ボールは上田の頭に当たってネットを揺らし、痛恨のオウンゴールで失点を喫した。
 
 21歳の守護神は、1点差に詰め寄られた失点シーンをこう振り返った。
【動画】守備の連係ミスからの日本の失点シーン
「最初のボールで自分としては手が使えるので、空中に弾けば自分もセカンドボールに対応できるイメージでした。相手のシュートに反応して、セカンドボールを取りにいこうと思った。

 上田選手とも試合後のロッカーで話したんですけど、僕のことも見えてなかったって言っていた。いくら声をかけても上田選手はすでにゴールライン上にいたので、自分としては最初キャッチした感覚はあったんですけど、その後にぶつかってしまって、失点してしまった。そこで弾く判断なりなんなり変えられたら良かったのかなと思うんですけど」

 彩艶は周囲の状況に応じて、即座に判断を変更する必要があったと反省した。

 日本はここまでグループステージを含めて、全4試合で失点しており、いまだ完封勝利がない。彩艶はこの現状にも触れつつ、「アジアカップはセットプレーが本当に大事になってくる。セットプレーでの失点は非常に勿体ない部分でもあるので、そこは修正しなきゃいけない」と改善を誓った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「今日は彼がMVP」“初弾”の久保建英が絶賛した日本代表戦士は?「いい選手なのは、サッカーを知っている人ほどわかる」【現地発】
【関連記事】
「ミトマのドリブルは凄まじい」三笘薫に翻弄されたバーレーンMFが森保Jに脱帽!「日本は本当に強い。優勝するだろう」【現地発】
「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】
「把握しています」森保一監督が伊東純也に関する一部報道に言及。「調査したうえで我々も対応していきたい」【アジア杯】
「他のチームとはわけが違う」現地メディアが森保Jに脱帽した点は? バーレーンの敗因も分析「守備が間違っていた」【アジア杯】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ