• トップ
  • ニュース一覧
  • 「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】

「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年01月31日

68分から颯爽と登場

後半途中から投入された三笘。持ち前の推進力で日本の攻撃をバージョンアップさせた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 三笘薫が待望の今大会初出場を果たした。

 現地1月31日、日本代表はアジアカップ2023のラウンド16でバーレーンと対戦し、3-1の勝利を収めた。31分に毎熊のミドルがポストに当たったところを堂安が拾ってねじ込み先制。49分には久保が相手のクリアミスに呼応して追加点を挙げる。64分にGK鈴木と上田が交錯するまさかの連携ミスで1点を奪われるが、72分に速攻から上田がGKの股を抜く豪快弾を決めて突き放した。
【動画】ついに三笘薫が今大会初出場! するといきなりファーストタッチで…

 この試合でドッとスタンドを沸かせたのが、68分にピッチに登場した三笘だ。怪我の影響でグルプステージ3試合を欠場していたが、満を持してバーレーン戦でベンチ入り。ビハインドを追うバーレーンが前がかりだったとはいえ、ボールを持てば持ち前の推進力で脅威を与え、上々のパフォーマンスを披露した。
 
 三笘復帰に注目したのが韓国メディア『スターニュース』だ。「今大会で初めて出場した三笘薫は瞬く間にバーレーンの守備を崩壊させた。22分間(実際はアディショナルタイムを含めて32分間強)のプレーながら常に脅威であり続け、日本の攻撃に迫力を加味したのだ」と驚嘆。「ブライトンで怪我をしてブランクは長かったはずだが、心配は杞憂に終わる。やはりモノが違った。ドリブルにチャンスメイクと異彩を放ち、彼と連動して周りがきっちり決めていれば日本はさらにリードを広げられただろう。日本が優勝を狙ううえで、恐ろしい男が帰ってきた」と称えている。

 はたして準々決勝での三笘の起用法はどうなるか。現地2月3日にイランvsシリアの勝者と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のバーレーン戦出場16選手&監督の採点・寸評。最高点は右サイドの2人。“持っている”10番をMOMに選出

【記事】「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】

【画像】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!
【関連記事】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】
「ミトマのドリブルは凄まじい」三笘薫に翻弄されたバーレーンMFが森保Jに脱帽!「日本は本当に強い。優勝するだろう」【現地発】
「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】
「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】
「なんて残念→ゴール!」韓国メディアが日本戦を熱烈速報!コメント欄には「ワクワクしない」「我々の組は全チーム8強へ」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ