• トップ
  • ニュース一覧
  • 「他のチームとはわけが違う」現地メディアが森保Jに脱帽した点は? バーレーンの敗因も分析「守備が間違っていた」【アジア杯】

「他のチームとはわけが違う」現地メディアが森保Jに脱帽した点は? バーレーンの敗因も分析「守備が間違っていた」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月01日

「一人に頼ることなく多様な攻撃を見せている」

バーレーンを3-1で撃破した日本。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

 日本代表は現地時間1月31日、カタールで開催されているアジアカップのラウンド16でバーレーン代表と対戦した。

 日本は立ち上がりから押し込む時間が続く。すると31分に毎熊晟矢のミドルがポストに当たり、こぼれたボールを堂安律が流し込んで先制点を奪う。さらに49分には、久保建英が追加点を決めた。

 その後、64分にCKからオウンゴールで1点を返されたものの、その8分後に上田綺世が豪快にネットを揺らして、3-1で勝利。準々決勝進出を果たした。
【動画】毎熊の強烈ミドル→堂安が先制弾!
 アラブメディア『winwin』は、「アジアのほとんどのチームは攻撃面で違いを生み出す1人、2人の選手に依存しているが、日本はわけが違う」と森保ジャパンの層の厚さに脱帽した。

「バーレーン戦でも多くの選手が絡んでチャンスを作り出しており、それぞれ異なる選手がゴールを決めた。一人に頼ることなく多様な攻撃を見せている」

 また、バーレーンの敗因も分析。「守備が間違っていた」と指摘している。

「バーレーンの両ウイングは攻撃よりも守備の役割を担っていたが、(フアン・アントニオ・)ピッツィ監督が考えていたような守り方はできていなかった。また、最初の失点ではチーム全体がスペースを埋めずに、相手しか見ていなかったのは明らかだ」

 なお、日本はこの試合で三笘薫が怪我から復帰。今後はさらに攻撃のバリエーションを増やしてくれそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】
 
【関連記事】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】
「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】
「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】
「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】
「なんて残念→ゴール!」韓国メディアが日本戦を熱烈速報!コメント欄には「ワクワクしない」「我々の組は全チーム8強へ」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ