• トップ
  • ニュース一覧
  • 金田喜稔がバーレーン戦を斬る!「毎熊の攻撃参加のタイミングが素晴らしい。鈴木は慣れてきたと思ったが…」【アジア杯】

金田喜稔がバーレーン戦を斬る!「毎熊の攻撃参加のタイミングが素晴らしい。鈴木は慣れてきたと思ったが…」【アジア杯】

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月01日

比較的、余裕を持って戦えていた

堂安の先制点につながる強烈なミドルを放った毎熊。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

[アジア杯ラウンド16]日本 3-1 バーレーン/1月31日/アル・トゥマーマ・スタジアム

 アジアカップのラウンド16で、日本はバーレーンに3-1で勝利した。

 個々でも戦術的にも全体的に見て日本が上だった。前線の選手の質も含めて、相手はイラクより迫力がなかったなという感じだった。

 バーレーンには嫌な配球ができる選手がいなかったし、日本がプレッシャーを受けるようなシーンもなかったんじゃないかな。

 2点差になっても相手がパワープレーを仕掛けてこなかった。そこをもっと徹底してくるのかなと思っていたけどね。日本は比較的、余裕を持って戦えていた。
【PHOTO】日本代表のバーレーン戦出場16選手&監督の採点・寸評。最高点は右サイドの2人。“持っている”10番をMOMに選出
 そのなかでも今日は毎熊が目立っていたね。堂安の1点目につながるミドルは、シュートを打てるタイミングを察知して、ワントラップで狙っていた。センスは凄いし、パンチ力も兼ね備えている。

 前の選手を使うパスは効果的で、久保や堂安との距離感も素晴らしい。追い越して前に出るタイミングもよく分かっている。前線の選手からすれば、毎熊を使いやすいし、囮にもしやすい。

 良いタイミングでオーバーラップしてくれるから、相手のDFとしては、サイドをケアするしかない。そうなった時、堂安だったら中央に切り込むこともできる。一緒に組んでいてやりやすいだろうね。毎熊には、海外のクラブも注目しているかもしれないよ。

【記事】バーレーン戦で圧倒的なパフォーマンス。毎熊晟矢はJリーガーの希望の星だ【コラム】
【関連記事】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】
「キャッチした感覚はあった」GK鈴木彩艶、こぼれ球の処理で上田と交錯...なぜ失点した?「上田選手ともロッカーで話した」【アジア杯】
「ミトマのドリブルは凄まじい」三笘薫に翻弄されたバーレーンMFが森保Jに脱帽!「日本は本当に強い。優勝するだろう」【現地発】
「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】
「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ