• トップ
  • ニュース一覧
  • またもクリーンシートならず。“4試合で計6失点”を森保監督はどう受け止める? 「積極的なパワーを守備の部分でも...」【アジア杯】

またもクリーンシートならず。“4試合で計6失点”を森保監督はどう受け止める? 「積極的なパワーを守備の部分でも...」【アジア杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年01月31日

「そこはあの...まあ、うーん」

懸命のセーブも、またしても失点した鈴木。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 日本代表は現地1月31日、カタールで開催されているアジアカップのラウンド16でバーレーン代表と対戦。3-1で勝利した。

 堅い守備に定評のあるバーレーンに対し、日本はやや攻めあぐねるも、31分に堂安律、49分に久保建英、72分に上田綺世が得点。森保一監督は「選手たちがアグレッシブさと、我慢強さを持ち合わせて、相手の強固な守備を崩してくれた」と称える。

 一方で、64分にはセットプレーから失点。CKから相手のヘディングシュートを許し、GK鈴木彩艶が懸命のセーブで弾いたボールを回収しようとしたところ、クリアしようとした上田と交錯。ボールはそのままゴールインし、記録はオウンゴールとなった。

 日本はグループステージの3試合すべてでゴールを割られ、計5失点。そしてバーレーン戦でもクリーンシートを達成できず、4試合で計6失点となった。
【動画】連係ミスから失点。記録は鈴木のオウンゴール
 この点について問われた森保監督は「全体的に言えば、守備も改善できていると思う」と評価した一方で、こう続ける。

「今日、セットプレーからの失点でしたけど、そこはあの...まあ、うーん、お互いにコミュニケーションのところがあったりするかと思いますけど、両者とも積極的に、ボールから逃げずに行ったうえでの失点ですので、コミュニケーションを取って、積極的なパワーをしっかり守備の部分でも、よりパーフェクトにできるようにしていければと思います」

 課題を修正できるか。守備の連係面をさらに高めて、準々決勝では無失点勝利を挙げたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】森保監督に「遅刻は2度目」と指摘した韓国人記者が明かす“質問の真意”「日本は時間に正確な国と...」【アジア杯】
 
【関連記事】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】
「なんて残念→ゴール!」韓国メディアが日本戦を熱烈速報!コメント欄には「ワクワクしない」「我々の組は全チーム8強へ」【アジア杯】
「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】
「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】
「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ