• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】

「日本の不安要素がまた爆発した!」バーレーンを3発撃破も森保ジャパンの出来に韓国メディアからは疑問の声!「突き放したのは流石だったが…」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年01月31日

一時は1点差に詰め寄られるも3-1で勝利

待望の今大会初ゴールを決めた久保(手前)。攻撃陣を力強く牽引した。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 現地1月31日、日本代表はアジアカップ2023のラウンド16でバーレーンと対戦。3-1の勝利を収め、ベスト8に駒を進めた。
【動画】日本が痛恨の失点! GK鈴木と上田が衝突してオウンゴールを献上

 序盤からボール支配で上回り、敵陣でパスを回すも決定機で決め切れず。そんななか、31分に毎熊の強烈ミドルがポストを叩き、こぼれ球を拾った堂安が冷静に蹴り込んで先制に成功した。49分には久保が相手DFのクリアミスに呼応して追加点。64分に守備の連携ミスからGK鈴木と上田が交錯してオウンゴールを献上し、まさかの1点差に詰め寄られるも、72分に上田が豪快にGKの股を抜いてリードを広げた。
 
 森保ジャパンに熱視線を送る韓国メディアも一斉にこの一戦を報道。ウェブメディア『マイデイリー』が「前半半ばまではバーレーンを圧倒しながら詰めが甘かった日本だが、堂安の先制点でひと息ついた。最終的に3-1で勝利したものの、GKの鈴木がまた致命的なミスを犯したのは看過できないだろう。ふたたびセットプレーからで、上田とぶつかったシーンは驚きだった。4試合連続失点だ」と伝えた。

 さらに全国紙『スポーツ朝鮮』は「優勝候補筆頭が力の差を見せつけた。ただ、GKの不安定なプレーは相変わらずで、パンチングミスは痛恨だった。日本の不安要素がまた爆発した格好だ。そこから突き放したのは流石だったが、チャンスの山を築きながら4点目、5点目が取れなかった。準々決勝に向けて課題の残る内容だったと言わざるを得ない」と評している。

 準々決勝進出を決めた日本は、現地2月3日にイランvsシリアの勝者と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のバーレーン戦出場16選手&監督の採点・寸評。最高点は右サイドの2人。“持っている”10番をMOMに選出

【記事】「なんて残念→ゴール!」韓国メディアが日本戦を熱烈速報!コメント欄には「ワクワクしない」「我々の組は全チーム8強へ」【アジア杯】

【画像】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!
【関連記事】
【日本3-1バーレーン|採点&寸評】3発快勝も失点は防げたはず。最高点は右サイドのコンビ!MOMは悩んだが…【現地発】
「なんて残念→ゴール!」韓国メディアが日本戦を熱烈速報!コメント欄には「ワクワクしない」「我々の組は全チーム8強へ」【アジア杯】
「恐ろしい男が帰ってきた…」バーレーン戦で三笘薫が魅せた“22分間プレー”に韓国メディアが戦慄!「心配は杞憂」「日本の攻撃に迫力を加味した」【アジア杯】
「現実を突きつけられた」森保Jに敗れたバーレーン、母国ファンは落胆。日本には脱帽「質の違いは明らか」「我々では敵わない相手だ」【アジア杯】
「あそこからそこ抜けるかい」小野伸二も感嘆! 鋭い反転で局面打開、上田綺世の鮮烈弾に「僕にはあのシュートの選択肢はない」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ