【リーガ現地コラム】「MSN」と「BBC」の陰で脚光を浴びつつあるビルバオの国産トリデンテ

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2016年03月17日

驚異的な追い上げの原動力となったトリデンテの活躍。

サイドを起点に積極的に前線のスペースに飛び出し、決定機を作り出しているサビン。A・ビルバオの後半戦の快進撃を支えるひとりだ。(C)Getty Images

画像を見る

 リーガ・エスパニョーラを代表するトリデンテといえば、バルセロナのMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)が真っ先に思い浮かぶ。

 では、その次に印象深いのは、どのアタッカー陣だろうか。

 レアル・マドリーのBBC(ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウド)? 彼らには昨シーズンほどの勢いが見られないし、怪我で3人が揃わないゲームも少なくない。

 そうしたなか、注目を浴びつつあるのが、アスレティック・ビルバオのトリデンテだ。アリツ・アドゥリス、サビン・メリーノ、イニャキ・ウィリアムス(足首の怪我から間もなく復帰)の3人で、知名度でBBCに遠く及ばないが、ここまで十分な結果を残している。実際、彼らの活躍もありチームは現在6位と好位置につける。

 A・ビルバオは前半戦こそライバルたちに後れをとったものの、後半戦を迎えて復調を遂げ、いまやチャンピオンズ・リーグ出場権の獲得(4位以内)を視界に捉えている。4位のビジャレアルとの勝点差はまだ6あるが、残りは9試合。巻き返しは十分可能だ。順位表でひとつ上を行くセビージャとの直接対決も残っている。レアル・ソシエダとのバスク・ダービー(25節)に敗れた時点で、4位との差は14まで開いていた。それを考えれば驚異的な追い上げと言っていい。

 ヨーロッパリーグ(EL)では、ラウンド・オブ32でマルセイユを撃破(2戦合計2-1)。勢いそのままに決勝トーナメント2回戦のバレンシア戦・第1戦も1-0と制し、8強入りが見えてきた。

 最大の立役者はもちろん、ゴールを量産しているエースのアドゥリスだ。

 スペイン代表復帰が有力視されるそのアドゥリスの陰に隠れがちとはいえ、サビンも着実に結果を残し、評価を高めている。ベティス戦(29節)では2ゴール。昨夏のトップチーム昇格以来、初の1試合・2得点をマークした。ここまで奪ったゴールはまだ5つ。それでも、アドゥリスをサポートする貴重な存在となっている。
 
【関連記事】
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「悲劇に見舞われたマインツ戦で1得点。自信を取り戻せたはずだ」
【CL|バイエルン 4-2 ユベントス|採点&寸評】共に良さを出した大激戦! 難敵を切り裂いたD・コスタが最高殊勲者だ!!
【CL|バルセロナ 3-1 アーセナル|採点&寸評】MSN揃い踏みのバルサが圧勝! 最も光ったネイマールがMOM
【プレミア現地コラム】岡崎のチームメイトでレスターの主軸。ドリンクウォーターがマンチェスター・Uに留まっていたら…
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「全ては濃い霧のなか……ミランと本田に漂う不安」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ