• トップ
  • ニュース一覧
  • 横浜FCを通して分かった底知れぬキャンプの魅力。ブラジル人DFは神対応、中村俊輔コーチは最後に登場し…指揮官にも直撃

横浜FCを通して分かった底知れぬキャンプの魅力。ブラジル人DFは神対応、中村俊輔コーチは最後に登場し…指揮官にも直撃

カテゴリ:Jリーグ

有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月28日

なぜ人は集まるのか――

横浜FCのキャンプを訪れた現地ファンの方々。お手製のメッセージボードで感謝の気持ちを伝えた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 1月27日の午後。温暖な宮崎で行なわれている横浜FCのキャンプを訪れると、老若男女50人ほどのファンが熱心に練習を見守っていた。

 個人メニューを含めた練習後には、コロナ禍を経て、今季から全面解禁されたファンサービスで貴重な交流。なかには大ファンのブラジル人DFガブリエウに「昨季序盤に大怪我を負って以来、復帰を待ちわびていた」と伝えると、深い感謝の言葉を返され、感激する女性サポーターの姿もあった。

 みなさんに話を聞いたところ、長崎、兵庫、東京から来たという方も。実に幅広いファン層が、宮崎でシーズン開幕直前のイベントを満喫していた。なぜ、わざわざ足を運びたくなるのか。キャンプならではの魅力としては、「選手との距離の近さ」に加え、「新加入の選手が一早く見られる」「先取り感」といった声もあった。

 一方で、戦う側も直に感じられる声援、サポートは大きな力になっていることは間違いない。事実、四方田修平監督は「応援してもらえるような環境だと、選手もやっぱりモチベーションが上がるし、本当にありがたい環境」と語った。
【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 また、横浜を離れて合宿をする意味を尋ねれば、指揮官は「寝食を共にして、午前、午後と(練習を)やれますし、一緒にいるからこそ繰り返しミーティングもできる。食事もいつも一緒にすれば、会話も増えるし、そういう意味で、この時期にチーム作りするうえでキャンプはすごく大事なこと」と意義を伝えた。

 ちなみに、この日のファンサービスで最も人気を集めたのは、元日本代表の遠藤雅大氏を父に持つ若手GK、遠藤雅己と共に最後に出てきた中村俊輔コーチだ。

 日も暮れ始め、肌寒くなった頃に登場した稀代のレフティは、差し出されたセルティックのユニホームなどに、右手で丁寧にサインをして回った。

取材・文●有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

「今、壁にぶち当たっています」横浜FCに新天地を求めた福森晃斗のこだわり。ずっと自分に言い聞かせてきた――試合には出なければいけない

「後半、お願いします!」「出ねーよ!」中村俊輔と中田英寿の絶妙なやり取りにファン感動「激アツすぎる」「超レアだな」
 
【関連記事】
異例の抜擢で代表のスタッフ入り。98年フランスW杯出場に尽力した四方田修平。今も励みになっている加茂周の言葉
目標は明確!35歳FW伊藤翔が横浜FCの“今”を語る。アジアカップはチェックしてる?「そりゃ強いでしょ(笑)って」
出場時間0を経て――“ベトナムのメッシ”の覚悟。アジア杯の日本戦はどう見た?「レベルが1つも2つも上だった。ただ…」
「鈴木彩艶のセーブ率が最下位だと騒いでるやつ」に鄭大世が苦言!「久々むかついたわ。日本の宝を潰すなや」【アジア杯】
「またやってくれた」闘莉王がGK鈴木彩艶に嘆き節「流れが良くない。1回ベンチに座りなさい」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ