• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今、壁にぶち当たっています」横浜FCに新天地を求めた福森晃斗のこだわり。ずっと自分に言い聞かせてきた――試合には出なければいけない

「今、壁にぶち当たっています」横浜FCに新天地を求めた福森晃斗のこだわり。ずっと自分に言い聞かせてきた――試合には出なければいけない

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年12月29日

憲剛、大久保、稲本、小野。そして俊輔

横浜FCへの移籍が発表された福森。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現状打破が、新天地を求めた理由の1つだったかもしれない。

 12月29日、北海道コンサドーレ札幌から福森晃斗の横浜FCへの期限付き移籍加入が発表された。その数日前に、福森は元日本代表の岩本輝雄氏が手がける『左利きの会』のイベントに参加していた。

 フリートークの場面で、「壁をどうやってこえてきたか?」というテーマを振られると、福森は「今、壁にぶち当たっています」と答えていた。

 イベント終了後にその真意を訊けば、リーグ屈指のレフティは次のように話した。

「川崎から札幌に移籍して、J2時代から毎年、ほぼフル稼働してきました。それが去年の夏頃からベンチに回ることが多くなったり、今年で言えば、2試合連続で(出場が)0分というのがあったりして。徐々に自分の状況が変わってきていたんです」

 試合に出なければいけない、ピッチに立って、結果を残すのが当たり前――ずっと自分に言い聞かせてきたことが、できなくなりつつあった。「それがまさに、壁なのかなと思います」と福森は静かに語る。
【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
「まだ31歳なので、試合に出なければいけない年齢ですし、この壁をしっかりこえるために、いろんな試行錯誤をして、いろんな考えを持っているのが今です」

 プロになり、一番にこだわってきたのが「試合に出ること」だ。横浜FCでは、札幌時代に共闘した四方田修平監督が指揮を執るが、レギュラーが確約されているわけではない。それでも変わらぬスタンスで、サッカーと向き合うはずだ。

 川崎では中村憲剛、大久保嘉人や稲本潤一、札幌では小野伸二がチームメイトだった。「いろんなトップの選手とプレーできて、本当に自分は恵まれていますよね」と噛みしめる。そして横浜FCには、桐光学園高の先輩で、同じレフティで、福森が尊敬してやまない中村俊輔がコーチとしている。

 信頼を寄せる指揮官と憧れの存在のもとで、福森が新たなキャリアを刻む。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

「僕とは雲泥の差」「比較する必要ないでしょ」天才MF小野伸二が語る自身と久保建英の“違い”「僕は持っていない。すごい」と称賛したのは?

「天才と呼ばれて当然の素晴らしい選手」引退した小野伸二に“フェイエの元10番”トマソンが賛辞!「経験したことがなかった」と驚愕したことは?
 
【関連記事】
まさかのレフティだけ! 岩本輝雄が手がける『左利きの会』が本格始動。太田宏介は「本当に特殊」、福森晃斗は「異様な光景でした」
レフティって武器なんだよ――子どもに“気づき”を与える意味でも『左利きの会』の活動は意義があった【コラム】
大久保哲哉、43歳。県リーグでも変わらぬ衝動、ゴールの喜び。「一生続けられたら、こんなに幸せなことはない」
「すごい!えぐい!美しい」札幌レフティ福森晃斗の鮮烈FK弾に脚光!「マジで天才なんだよな」
「絶対負けない」引退した小野伸二が“最も燃えた”対戦相手を明かす!「気持ちが入っちゃって」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ