【柏】ミルトン・メンデス監督の辞任に揺れる柏は自信を取り戻せるか。早すぎる変革はむしろポジティブに捉えるべきだ

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年03月13日

磐田戦後の監督会見で、柏のミルトン・メンデス監督が辞任を発表。

磐田戦後、大谷は「試合が読めてない。最後の時間の使い方が響いた」と反省し、自身ら選手の力不足を嘆いた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「私の家族の健康に問題があり、クラブの強化部と協議の場を設けて、本日がチームを指揮する最後の日になりました。この場を借りて、社長をはじめとするクラブ関係者の方々、寺坂GMや強化部のみなさん、また、我々にとってもっとも大切な家族の一員であるサポーターのみなさんにも感謝の気持ちを伝えたい。アリガトウゴザイマシタ」

【J1マッチレポート】1stステージ・3節 柏×磐田

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・3節 柏2-2 磐田​

 
 2-2の引き分けに終わった磐田戦後の監督会見で、柏のミルトン・メンデス監督が辞任を発表。わずか3試合を終えたばかりでの突然の出来事だった。いつもであれば、終了予定時間を過ぎるほど饒舌に会見を行なうブラジル人監督は、この日は多くを語りたがらず、途中で会見場を後にした。
 
 突然の監督退任を受けて、大谷は「試合前のミーティングで、今日の試合が(メンデス監督が指揮を執る)最後のゲームになるということを聞きました。最後勝って終われなかったことは残念です。決して監督だけの問題じゃなく、やっているのは選手なわけで、しっかり自分たちがピッチで結果を出せなかった。今日も含めて開幕から3試合どれも勝てる可能性があった。それでも結果的に勝点1しかとれてない自分たちの力不足を感じるし、そこは申し訳なく思う気持ちもある」と自責の念を口にした。
 
 3節が終了した時点で、いまだ未勝利。勝点はわずか「1」しか獲得していない。得点数でかろうじて最下位からは脱出したものの、勝点だけで言えば福岡と並び一番下に位置している。開幕戦からここまで、いずれの試合でもチャンスをモノにできない一方、あっさり失点するなど勝負弱さを露呈。開幕前に「目標はACL出場権」と高らかに宣言していたとは思えない低調ぶりだ。

 選手は新しい戦術に馴染めず、どこか自信を失ってプレーしているように映った。ここからチームが巻き返すには、選手の自信を取り戻すきっかけが必要だ。

 それならば、むしろこの早い段階での変革をポジティブに捉えるべきだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ